暑い中 豚しゃぶ囲む 宴会へ2014年09月06日 23時07分08秒

今日は午後からToda氏との自宅へ同窓生を集めての飲み会が開かれる予定となっていた。
涼しかった先週末に企画したので豚しゃぶを突きながらの宴会としたのだけど、今日は夕方から雨の予報が出ている湿っぽい風が吹いている上に、気温も30度を超えてくる蒸し暑い一日となってしまった。
ただでさえ蒸し暑い中での豚しゃぶはちょっとした我慢大会の様相となっていて、つい2週間ほど前に胃腸の動きが鈍って四苦八苦してからの病み上がり状態だった事もあり、後半に至っては食べるのが辛かった。
夕方からの雷鳴も聞こえるほどの激しい雨が弱まる時間を待ちながら、普段より1時間以上も長い食休みを取ってから帰宅するなど、体力の消耗が激しい宴会となっていた。
それでも気晴らしになったので良いのだけど、食べ過ぎている事など考えると明日の体調へ不安を感じてしまう。

宴会の始まる前から不穏な空気が流れていて、普段に遅刻しない参加メンバーが集合時間を過ぎても現れず、仕事のトラブルでも起きたのかと心配しながら買い物をしていると「今、起きた」とのメールが届いた。
遅刻メンバーが到着する前に始めてしまう事も考えていたけど、買い出しから戻ってきたから暑さにやられて下拵えに着手する気力も湧かず、ダラダラと過ごしてしまっていた。
この時点で暑さに随分とやられていたのだけど、鍋を火に掛けるとさらに暑くなるわけで冷房の利きが悪かったから、暑さにやられて箸が思うように動いてくれなかった。