強風を 上手に使い 涼をとる2014年08月11日 23時18分18秒

昨日の深夜から生温い南風が吹き始めていた影響で気温が上昇して、涼しさは夜明け直後にして何処かへ吹き散らされて、朝から日中の暑さを予想させる空気に包まれていた。
天気予報でも今日から暑さが戻ると言っていたけれど、朝の時点から既に汗を掻くほどの暑さになるとは予想していなかったが、この生温い空気を運んできた北風が弱まらず終日に吹き続けてくれたので、全般的には過ごしやすかった。

俺の体感ではこの夏で最も過ごしやすい暑い日だったと感じている。
家を揺らすほどの強風が吹き続けてくれたので換気に困らず、風向きも色々と変わる事から扇風機のような風も起こしてくれたりと、寝起きに感じた不安から比べたら随分と過ごしやすかった。
アスファルトに溜まっていた熱も雨に洗い流された影響もあって、先週のような気怠くなるような暑さとならなかったので良かった。
それでも汗の滴る程度に暑かった事は間違えなくて、水分補給をしっかりと行いながらゆったりと盆休みを満喫していた。

強風は屋内にいる場合に限って便利だったけど、外出するとなれば難儀な相手となってしまう上に、どうにも眠気が抜けてくれなかったので穂tんど地質で過ごしていた。
夕方前16時から強風が弱まり始めたので出掛けてきたけど、気温の割に過ごしやすい空気だったので助かっていた。
日が暮れてから強風が収まってくると蒸し暑くなってきて、今晩から寝苦しい毎日が戻ってきそうな雰囲気となっている。