降り方が 奇妙な雨を 不思議がる2014年08月08日 22時42分46秒

今週末は台風の影響で関東地方でも大雨になる所があると言い出している。
今朝の時点ではまだ猛暑日を感じさせる暑さだったけれど、朝10時頃から粒の大きな雨が断続的に降り始めていた。
昼を過ぎた頃からは今までに経験のない奇妙な雨が降って、それはまるで消防車の放水を受けているような突破的で短期的な降り方だった。

昼からの雨は本当に奇妙な感じの降り方で、雨音だけなら雹と間違えるほどに粒が大きいのに、雨量そのものは少ないと言うから訳が分からない。
要するに普通の雨が寄り固まって大粒となって降ってきた感じで、ホースによる放水を思わせる緩急もあって不思議だった。
異常気象はついに雨の降り方まで変えてきたのかと、今までの経験が通用しなくなる事に不安を感じた。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「このブログはどんな空間でしょう?
 ひらがな4文字でお答え下さい。」

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://crimson-harberd.asablo.jp/blog/2014/08/08/7409475/tb