床へ伏せ 夜が明ければ 平日に2013年12月01日 20時12分17秒

昨日は体調不良の影響から午後を殆ど寝ていた事が、夜の寝付きを異様なまでに悪くするという結果を招いてしまう。
その上に眠くならないという理由から夜遅くまで起きていた事が体調に障ったらしく、布団へ入ってから熱っぽさを感じるようになった事も寝付きの悪さに拍車を掛けてくれた。
そんな寝付きの悪さで七転八倒している最中、寝間着が寄れて体を締め付ける状態へ陥ってしまい、袖を引っ張ったりして食い込みを解消しようとするも上手く行かず、徐々に煩わしさから扱いが乱暴になっていく。
そんな横暴の先に待っていたのは使い古された寝間着の袖が破けるという末路だった。

袖の破ける音が聞こえた瞬間は発熱による不快感に苛立っていたので、怒りが一気に沸点を突破してしまって、脱ぐというより破り捨てる感じで煩わしい布切れを剥ぎ取っていた。
替えを取りに行ってみると、殆どの寝間着が使い古されていて破けていたり、生地が擦り切れて穴の開く寸前という状態となっていた。
そんな中で数少ないまともな形状を保つ寝間着を破り捨てた事になり、新しく買いへ行かざる終えない状況を自ら作り出したのだと理解すると溜め息しか漏れてこなかった。
結局は明け方の近くまで寝付けずに藻掻いていて、朝7時には起き出しててPCの前に座り込んでいた。

午前中は夜中中に続いていた熱っぽさが抜けずに動く気力もわかず、昼過ぎから少しずつ回復している調子を感じながら録画したアニメを消化していた。
午後15時頃になってから寝間着を買うために出掛けてきたけど、病み上がりの影響もあって通勤と変わらない移動距離で息が上がっていた。
寝間着は無事に買えたのだけど、足の太さに合わせたら丈が長すぎるという結果になり、短足だと言われているような気分で面白くなった。

何ともかんとも面白みのない週末となってしまった。

唐突に オフ会すると 言われたよ2013年12月02日 23時31分44秒

昨夜から急にオフ会の話が持ち上がってきて、本日の19時からの開催が決定して慌ただしく予定が割り込んできた。
幸いな事に仕事を定時までに切り上げられて、そそくさと会社を飛び出して集合場所へ向かうも電車の乗り合わせが悪く、参加者の中で最後の集合となってしまった。
大きな遅刻とならなかったのは幸いだけど、ここ最近のオフ会で出遅れる場面が多いので反省しなければならない。

全員が揃うと馬肉料理の美味しい店へ連れていってもらい、馬刺し・レバー刺し・唐揚げ・カツ・焼き肉といった料理を味わいながら会話を楽しんでいた。
分類としてはオフ会となるのだけど、参加者の全員と2回以上の顔合わせとなる事もあり、独特の緊張感などもなく同窓会や何かに近い雰囲気での会合となっていた。
会話の内容は近況や料理、技術屋が多い関係もあっての専門的な話題なんかも入ったりと多岐に渡っていた。
今になって思い返してみると、俺は喋り過ぎていたのでないかと心配になってくるほど、口数が多かったように感じられる。

オフ会の席で以前から譲り受ける予定だったマグカップを4種類も受け取ったので、帰り道の鞄が倍以上も重たくなっていた。
割れ物が入っているので自転車へ乗る時も肩掛けのままにしたので、若干に腰回りが居たくなったりとしてしまったけど、念願だった品物を入手できた喜びの方が大きかった。
どちらかと言えば記念品に近い代物なので、感動よりも懐かしさの方が大きかったりするのだけど、何はともあれ4つとも無事に持ち帰ってこられたので良かった。

簡単な 仕事のはずが 進まない2013年12月03日 23時26分15秒

本来なら取りかかるべき作業があるはずかのだけど、先方から資料が届かないために始められない状況にある。
そんな事情から生まれた空き時間を利用して、別件の技術開発的な作業を任される事となった。

今回は特定のマーカーの写された画像に対して、目印の位置や角度を解析した上で指定の3D画像を埋め込む技術の実装となる。
ARと呼ばれる技術でスマートフォンなどで一般化しているため、根幹となるマーカーの解析部分はライブラリが公開されていて、比較的簡単に実装できそうだった。
実際に稼働するサンプルも提供されていたし、使い易いように整理するだけの作業となりそうだった。

そんな簡単な作業のはずだったのだけど、昼過ぎから寒気や眠気といった症状に妨害されてしまい、殆ど何もできないまま時間ばかり過ぎていった。
定時を過ぎてからは心臓に違和感を覚える有様となって、一緒に会社を出たT社員に追い付けなくなる散々だった。
この調子で行くと近い将来に倒れて、そのまま死んでしまいそうな予感がしてならない。

色々と 悩んだ末に 先送り2013年12月04日 23時46分28秒

昨日に比べたら随分と体調が良くなっていたので、会社を早めに出て池袋で寄り道をしてきた。
金曜に行っている趣味の寄り道ではなく、電気店でプリンタを探したりといった真面目な買い物で、アレやコレやと頭を使ってきたので疲れてしまった。

買い物の主題はプリンタの購入だったのだけど、使用頻度の低さからインクジェットプリンタよりもレーザープリンタの方が良いような気がするなど悩み所が多かった。
レーザープリンタにしても長く使っていないとトナーが固まるけれど、インクジェットプリンタに比べたら長持ちしてくれる。
問題は本体もトナーも値段が高くなっていて、何よりも機体の大きさがネックとなってくる。

最近はカラーレーザープリンタでも安くなったと聞いたので見てきたけれど、やはり大きさの問題などの折り合いが付かなくて、インクジェットプリンタで我慢する事にした。
カラー印刷など殆どしない事もあって、色々と削り落としていった不思議とスキャナとプリンタの複合機の方が安くなって、再び置き場所の問題にぶつかってしまう。
いっそのことスチールラックをもう一つ導入した方が早いかも知れないと思えてきて、結局は決められずに帰ってきた。

業務への 理解が大事 何よりも2013年12月05日 23時19分34秒

一昨日の夕方から昨夜にかけて、Twitter上で付き合いのある友人の進路相談に乗っていた。
その友人はIT業界への転職を希望しているようで、俺が現役のプログラマだと知って相談を持ちかけできた。
残念ながら友人の希望する職種がシステム開発でなく、運用の方面だったので具体的なアドバイスをしてやれなかった。

俺にできたアドバイスと言えば、希望する職種の業務内容を調べて、どんな知識が必要度されるのか理解する事くらいだ。
それと論理的に考察する癖を身に付けておけば、就職した後で活きてくるはずだとも伝えておいた。

論理的な思考に関してはトラブルが発生した際の対応力を養うことになり、IT業界に居るのなら持っていて損のないスキルとなる。
業務を知る事はIT業界に関わる膨大な知識の中から必要な情報だけを選別する助けとなり、勉強に目的意識も芽生えると期待してのアドバイスだった。
「IT業界に行ってみたい」と曖昧な目的で踏み込んでくる連中が多すぎるので、業務を理解している事はそれだけでも大きな強みとなってくるはずだ。

そういう思惑もあってのアドバイスを送ったのだけど、最初は上手く伝わっていない感じだったので、資格試験に関する質問から始まった会話を誘導しながら、どんな知識を必要とするのか知らないと空回りしてしまう事を教えて、最終的に業務への理解が大切だと教えてみた。
要するに、遠回りしながら同じアドバイスを送ったわけだけど、2つ目は論理的に必要性を認識させた事もあって理解してもらえたらしい。

今日中に 風邪を治せと やや必死2013年12月06日 23時39分15秒

朝から風邪の症状に悩まされていたのだけど、日中に暑苦しさを堪えて厚着していた事が良かったようで、帰宅する頃までに随分と体調が落ち着いてくれた。
明日はオフ会の予定が入っていることもあって、普段の週末よりも体調を整えたい思いが強かったので、風邪が快方へ向かってくれて喜ばしい限りだ。
先週のように寝たきり状態へ陥るのでないかと不安もあったので、無事に出席できそうなので本当に良かった。

今回のオフ会は主催者の自宅で行われる宅オフで、過去に何度も参加してなじみの面々と来ると聞いているので楽しみにしていた。
それ故に今朝の風邪が土曜まで響くのでないかと心配していたわけだ。
現状を見る限りでは問題なさそうだけど、明日から冷え込むとも聞いているので油断せずに行きたいものだ。

そんな浮かれ気分で乗車した帰りの電車は、隣の乗客が鞄の持ち手に肘を通した状態で携帯を弄っていたので、ずっと角を押し付けられて苛ついた。
何故に人の迷惑を理解できない輩が多いのかと呆れるばかりだ。

賑やかな 宅オフ参加 楽しんだ2013年12月07日 23時53分44秒

今日は主催者の自宅で行われるオフ会、宅オフへ参加する予定となっていて、昨日の風邪がどれほど影響してくるのかと心配しながら朝を迎えた。
昨日の日中に暑苦しいと感じながらも厚着で過ごした事がよかったらしく、今朝に至っては風邪の症状を殆ど感じられない程度まで回復しており、おかげで大手を振って宅オフへ参加できた。

開催場所が主催者の自宅であるために時間的な制約が少なく、集合時間は目安が設定されている程度で基本的に自由となっている。
その開始時刻が昼過ぎの14時に設定されていたので、午前中に歯医者などの通院と夕食を済ませてから電車へ乗り込み、会場となる主催者の自宅へ向かう予定としていた。
昨日の時点では夕食を会場近くで済ませようと考えていたのだが、普段より早めに食べ始めるなら地元で食べていく事もできそうだったので、予定を少しだけ変更して食後に電車へ乗り込む算段とした。
その際にToda氏へメールで声を掛けてみたのだけど、メール着信へ気付いてくれなかった事から独りで少し早食いする形の昼食となった。

今回の宅オフではSkypeのボイスチャットを利用した間接的な参加者もいたり、ニコニコ生放送の参加者も色々とコメントしてくれたので随分と大勢の人と話してきた気がする。
生放送の視聴者向けに写真を投稿したり、その写真を元に3Dモデルを組み上げてみせる人がいたりと、催し物も多くて楽しい時間を過ごせて良かった。

自転車の 交通ルールを 知りもせず・・・2013年12月08日 22時04分24秒

今日の夕方頃に買い物へ出掛けた際、左車線の車道を自転車で走行している時に1台の軽乗用車を追い抜いたら、前の車との車間を詰めながら強引に抜き返してきた。
それだけでも危険運転となるはずなのだが、俺の進路を妨害したいらしくて車体を路側帯へ擦りそうなほどに寄せてきた。
当然ながら、左のタイヤは白線を乗り越えていて、車道外側線を無視した車両の通行は原則として禁止された違反行為なのだけど、この違反車両は呆れた事にクラクションを鳴らして威嚇までしてきた。

ここ最近に自転車の交通違反に対する罰則が強化されて、交通ルールの周知が徹底されているのだけど、自動車の運転手に対しても正しい規則を理解させる必要があると感じた。
そうでないと道路交通法に従って車道を走っているのに、自動車に威嚇されるなどしたら命が幾つあっても足りない。
しかも、今回の違反車両に関しては自動車が凶器である事も理解してない大馬鹿者であり、叶う事なら即刻に免許停止の処分を下してほしいとさえ思う。

このブログでも何度も書いている事だけど、自転車は車道を走る事が原則となっている。
危険な道路は走行する事が許可されているけど、歩行者の邪魔にならない事を前提としているので、基本的に走れないと思っても間違えない。
第一に、危険な道路なら迂回するか自転車を転がして通過すれば済む話であって、歩行者の危険を冒してまで報道を走行する理由など何処にも存在しない。
故に、自転車は車道を走らなければならない。

凶器となりうる自動車の運転免許を持っていながら、何故に交通ルールを熟知していないのか呆れるばかりだ。

寒さから トイレが近く 冷や汗も2013年12月09日 22時23分45秒

今日は朝から妙にトイレ近くて、酷い時は30分毎に我慢できないほどの尿意に襲われていた。
その影響で珍しき集中できていた作業の手を止めさせられて、折角の好調を空回りさせられて損した気分だった。

出勤する途中は温度変化が激しかった影響で尿意の頻度が特に高くて、駐輪場から駅の改札の奥にあるトイレへ急いでいる場面で、定期入れが所定の場所に見つからなかった時は冷や汗を流した。
会社でも頻繁にトイレへ行っているのだから多少の我慢が利くと思ったら、あっと言う間に限界が訪れて焦る場面を何度も経験した。

何故にこんなにも尿意が頻発するのか分からないのだけど、これで毒素が抜けて長引いている体調不良の完治へ繋がってくれたら嬉しい限りだ。
尿の色を見る限りでは毒を排泄している様子もなく、かといって水分を取り過ぎた覚えもないので、何が原因なのか分からないままだ。
現状では急激に冷え込んできた影響と考えるのが無難だろうけど、通勤途中など面倒なこと極まりないので早く安定してほしいものだ。

肩凝りが あまりに酷く エレキバン2013年12月10日 22時44分07秒

ここ最近に肩凝りの痛みが酷くなっていて、最初はスマフォの操作に不慣れな影響で姿勢が悪いのだろうと思い当たった。
スマフォを弄っている時の姿勢に注意することで、肩凝りに多少の改善が見られたのだけど、他にも原因があるのか完治も安定もしてくれなかった。
最近に至っては腰や肩胛骨の周辺に痛みの出る場面もあって、思い付きだけの適当な対応だけで治しきるのは難しそうな雰囲気だった。

この状況を改善するためのストレッチも考えたのだが、筋を痛めているように感じさせる節も見え隠れしているので、ピップエレキバンによる改善を試みた。
昨夜から凝り固まった腰や肩胛骨の筋肉にピップエレキバンを貼って様子を見ているのだが、姿勢を正した時と似たり寄ったりの効果しか見られなかった。
昨日の今日で即座に結論を出すのも早すぎるので、もう2日ほど様子を見るつもりでいるけど、他の原因を考察しておいても良さそうだ。

もしかしたら、ここ最近に頻発している頭痛も肩凝りの悪化による悪影響の可能性があって、現に今日は頭痛に悩まされていない。
肩や首の痛みから頭痛へ発展する可能性も理論的に有り得るし、もう少し真剣に改善策を検討してみるべきかも知れない。