三度目の 宅オフ参加 燃え尽きる2013年06月01日 23時59分23秒

今週末は土日共にオフ会の予定が入っていて慌ただしい。
土曜のオフ会は以前にも参加しているMMD関連の知人宅で行われる少人数なので気楽だけど、日曜に行われる方は初顔合わせの人が大半を占めるのでやや緊張している。

今日のオフ会に関しては3度目という事で、集合の打ち合わせなど直前に取り決めても問題と油断していたら、当日になってもまともに連絡が取れなずに見切り発車する羽目となる。
一人だけフライングして到着しても会場が主催者の自宅なので問題にならないし、駅からの道順も把握しているからと早々に出発したけど、不安が無かったと言えば嘘になる。
まともに連絡が付いたのは駅へ到着してからで、他の参加者が1時間ほど後の集合を予定していると聞いたため、昼食を適当に食べてから会場入りした。

食事する店に関しては深く考えず、駅の周辺の飲食店を物色して回ってきて、手頃に食べられる店が牛丼の吉野家しかなかった。
同じ牛丼であれば松屋の方が好みなのだけど、見付からなかったので妥協して入店したのだが、思い返してみると3年ぶりとなる味は以前に比べたら改善していても甘ったるく感じられた。
それに味噌汁が付かない事や紅生姜の味が悪いといった減点ポイントも存続して、次に入店する機会は数年後となりそうな気がした。

宅オフは小慣れてきている上に見知った顔が多かった事もあり、終始にアットホームな雰囲気のまま進行してくれて、楽しい時間はあっと言う間に過ぎて終電の心配が出てくる時刻となっていた。
帰りの電車は参加者の1名と最後まで一緒だったため、楽しい反面でブログの記事を書き起こす時間がなくて軽く焦っていた。
そんなわけで帰宅後に慌ててキーボードを叩いているのだけど、殆ど書き殴っている感じになるのは残念でならないが、あの雰囲気を表現する文才がないので仕方ない。

今日もまた オフ会参加 喉にくる2013年06月02日 00時34分04秒

今日は所属するボカロ関連SNSのオフ会へ参加してきたのだけど、昨日も別のオフ会へ行っていた影響もあって出発前に足取りが重たかった。
朝方に至っては風邪っぽい発熱があったりと体調も良くなくて、風邪薬を飲んでの参戦という体たらくに溜め息を漏らしながらの出発だった。
当初の予定では池袋で寄り道してデジカメを新調しようかと画策していたのだけど、電車の乗り継ぎが悪くて予想より時間が掛かってしまい、遅刻しそうな不安が生じたので集合場所へ直行した。
その結果は集合時刻の30分前に到着しての待ち惚けとなったけど、参加者の内で面識がある方が1人しかいないため、無事に合流できるのかという不安もあったので退屈しなかった。

声を掛けられて無事に合流できたのは15分ほど待った頃で安心したのも束の間で、今回のオフ会で主賓となる方が来ないトラブルに騒然とする羽目になる。
もしかして「16時」と「午後6時」を勘違いしている可能性も疑われる中、50分ほど過ぎた頃に先方の連絡先が発掘されたので、どういう訳か俺が代表で電話を掛ける事になった。
電話を掛けてみると、先方も昨日の別のオフ会へ出ていたらしくて、その疲労から色々と予定が狂っていたそうで、電話を掛けた時点で隣駅のホテルから出る所との事だった。
遅刻する旨を連絡しようとしたらしいのだけど、非通知設定で発信している影響で繋がらなくて、結果的に待ち惚けさせる羽目となっていたらしい。

1時間遅れで始まったオフ会は壮行会の意味合いもあって、前半に旅行先の話題で盛り上がっていて、後半になるとボカロやMMDの話題が多くなってきた。
どちらの段階でも会話へそれなりに馴染めて楽しんできたのだけど、名前を覚え切れていない影響もあって、一瞬に言葉を選び直す場面も少なくなかった。
それでも人見知りする性質の割に馴染めていたので、本人としては及第点だと思っている。
SNSで言葉を交わしている事が大きく影響しているように思える。

週末に 休んないと 辛すぎる2013年06月03日 22時33分31秒

土曜も日曜もオフ会へ参加していた影響で休めていなくて、今朝は疲労感を全身に貼り付かせたままでの起床となった。
寝起き早々から発生していた頭痛は何時までも落ち着かなくて、通勤中も勤務中もフラフラとしながらの作業となっていた。
そんな状態で満足な仕事のできるはずもなくて、残業してもなお呆れて溜め息が漏れてしまう程度にしか進まなかった。

頭痛は日曜の朝から続いている風邪っぽさの影響もありそうで、無理のしすぎから免疫力を下げてしまい、ただの風邪を悪化させたか、似て非なる病気に成っていそうな予感がする。
発熱がないのに頭痛や目の奥を腫れさせているような重さがあったり、風邪が原因と思えない症状が並んでいる辺りも不安にさせる。
単純に寝不足から派生する変調であればよいのだけど、大事へ発展する前に回復したいものだ。

頭痛がすると言いながら朝のニュースを見ていると、都内で不発弾が発見されたとの報道があって、撤去作業の際に鉄道や新幹線が運休になるなどの影響があるらしい。
撤去作業は明日の昼過ぎに行われるらしくて、通勤に影響しないよう配慮されているようだけど、身近で起こった非日常な事件にショックを受けていた。
それにしても今の時勢でも不発弾が発見される事があるのかと、何処か信じられない不思議な気分を味わっていた。

平日に 参加するのは 厳しすぎ2013年06月04日 23時51分27秒

ここ最近にオフ会の予定が立て込んでいるのだけど、新たな予定の発生がほぼ確定となってきているのだけど、平日の木曜という日程になりそうで困っている。
平日というだけでも厄介だというのに、木曜は夕食の弁当が届く日となので会社を出る時間が遅くなってしまう。
元より夕食分の薬を飲んでしまうと副作用が心配で動けないし、その他諸々の事情を考慮していくと調整が非常に難しくて、考える事を放棄したくなってくる。
「行かない」という選択肢も存在するのだけど、主賓は会える機会が非常に起床な人なので可能な限り参加したい。

どのくらい忙しい人なのかという点は、今回のオフ会が平日に行われる無茶な予定からも分かるはずだ。
逆にいえば、無茶な日程でも合いたいと思う人が多いからこそ、平日でもオフ会の予定がねじ込まれているわけで、俺としても合いたい理由があるので生きたいと悩んでいる次第だ。

日程の問題も大きいけれど、それ以上に体調を整えられるか不安になってくる。
参加するにしても強行軍となる事が確定するので、風邪気味と言いながら動いてしまうとオフ会が終わった後に倒れるかも知れない。
現状の体調ではまず間違えなく体力が持たないので、参加数rための調整を考える前に体調を安定させることを考えよう。

いい加減 古い眼鏡を 替えようか2013年06月05日 23時48分43秒

昨日の帰りに駅の階段を逆走しようとする阿呆が横合いから突っ込んできた。
疲労と眠気から反応が鈍っている状況で、ただでさえ難易度の高い真横からの割り込みに対して対応できず、その上に身長差から相手の胸板に顔面をぶつける格好となる。
その衝突に際して眼鏡を派手に潰してしまって、形をどうにか整えたけれど焦点が合っていない感じがしてならない。
眼鏡やで調整してもらった時も慣れるまでに違和感を覚えるので、自分の感覚を信用できないのだけど、普段よりも目が疲れる気がするので焦点がずれていると思って間違えないだろう。

今の眼鏡は10年近くも使い続けていて、レンズのコーティングも剥がれ始めていたりと年代を感じさせる状態なので、以前から買い換えを考えていたので良い機会としようと思った。
そのため、今日の昼休みに会社近くの眼鏡屋へ行くつもりが見事に忘れてしまった。

眼鏡にファッション性を要求するつもりもないので、変形しても元通りに戻る柔らかいタイプにして長持ちさせたいけど、レンズの重さの関係で使えないなど言われそうな気がする。
レンジに関してはアレやコレやと言われても理解できると思えないので、コーティングに関しては仏洋裁証言で良いだろうと思っている。
元々の視力が悪すぎるのだから普通に見えるだけで満足だし、違いが分かるかどうかも怪しい効果のために出費を増やしたくもない。

今日に行けなかったので、明日の午前中に仕事を抜けさせてもらって行くつもりだ。

あれこれと 注文したら 高くなり・・・2013年06月06日 22時54分03秒

昨日に行き忘れた眼鏡屋へ今朝の通勤途中に行ってきた。
かれこれ10年近く使い続けた割に状態がよいと言われたけど、コーティングが剥がれて来ていたりと問題点も多いし、予備となる眼鏡を持っていないのでフレームから一式を買い換えた。

レンズに関しては弱視と分類されるほどに視力が悪い上に、近乱視という面倒な特性もあるので選択肢が少なくて、また10年ほど使い続ける前提で最高級品を選択した。
フレームは流行物なら安価な商品もあったのだけど、フレームが小さめで視界に割り込んでくるのが許せなくて、現行の眼鏡と同じサイズを要求したら選択肢が一気に減った。
昔ながらのフレームは実用性重視といった分類になるらしく、チタン素材の上級品となって値段も跳ね上がったけど、10年物の買い物だと割り切った。

そもそもに自分の眼鏡が異様に高くなる事は百も承知していたし、肌着と同じくらい身に付ける装備品なのだから妥協する意味がない。
ましてや、今の眼鏡のように10年も使い続ける前提で行くなら、何度も買い換えるよりも一級品で揃えて長持ちさせる方が得になるはずだ。
そんな風に生来の貧乏性をねじ伏せて、最終的に出てきた会計金額は6万4千円となったけど、クレジットカードで深く考えずに支払いを済ませてきた。

レンズの度数は面白いほどに変わっていなくて、少しだけ見易くできそうな余地こそあったけれど、デスクワークを主とするのなら敢えて下げておく方が楽なので、結果的に現状を維持する方がベストとの結論へ達した。
過去10年近く年に1回のペースで眼鏡の買い換えを考えるも、度数に変かがないからと保留し続けていたのだから当然の結果だろう。
多少に見易くするよりも慣れ親しんだ値のまま行く方が安全だし、実質的に作り替えるだけという格好となった。

引き渡しまで1週間ほど掛かるそうで来週までお預けとなったけど、今から楽しみで仕方ない。

空梅雨で 今年の夏は 水不足?2013年06月07日 22時34分17秒

今朝は右の肩甲骨が吊ったような痛みを発していて、何をどうすれば落ち着くのか分からないまま放置していたら、徐々に沈静化しながらも夕方頃まで痛み続けていた。
どうやら方を抱えるように背中の筋を伸ばしてやるストレッチが有効らしく、現状では違和感こそ残っているけど、意識しなければ肩凝り程度の煩わしさしかない。
日中に出ていた痛みにしても慣れてしまえば軽く無視できるレベルだったし、悪化さえしなければよいと放置していた面も大きくて、それ故に夕方頃まで続いていた節もある。

先週に梅雨入りが発表されたはずなのに雨の降る気配が全くない。
梅雨入り発表の翌日こそ降ったり止んだりの微妙な天気だったけど、それ以降は湿度が高くて蒸し暑いという以外に梅雨らしさがなくて、停滞前線もないのに梅雨入りが発表されたのは間違いだと思える。
停滞前線は存在するけど本州の南に居座っており、北上する気配もないので長雨は望めそうにもないし、台風でも来ない限りは水不足が深刻化するのでないかと心配される。
今年は雨が少な目だった上に空梅雨なのだから当然の流れで、今週末に付いた傘マークも降ったり止んだりの弱い雨だし、水瓶となる山間ではなく平地なので水不足の解消とは程遠いだろう。

この調子だと、今年の夏は色々と制約される事になりそうだ。

三人で ゆったり過ごす 初夏の昼2013年06月08日 22時56分07秒

昨夜に大学の同窓生が暇を持て余して、何かイベントはないかと言ってきたので、昼食会の後にToda氏の自宅で遊ぶ事となった。
最初の話では俺の自宅へ遊びに来るような発言だったのだけど、生憎と友人を招ける程のスペースがないので、頻繁に宴会場として使用しているToda氏の自宅を指定した。
Toda氏とも同窓生の間柄となるので急な予定も快諾してもらえて、本日の予定がサクッと決まった格好となる。

そんな予定の入った今朝は目覚めると枕に足を向けている状態で、寝苦しかったのか派手に寝相を崩していた。
その上に寝起き早々からクシャミを連発して、熱っぽさもあって風邪の引き始めといった印象の症状が現れていた。
体調の心配があったのだけど、通院の予定は歯医者のみと軽めとなっていた事が幸いして、帰宅後にゆっくりと養生していたら集合時間の前に回復できた。

体調が戻ってきた時点で時計を見ると、集合まで1時間ほど余裕があったので、以前からSSDを増設しようと言いながら放置していた事を思い出した。
ここで後回しにしたら次の機会が何時になるか分からないので、思い立ったが吉日と言いながら作業を開始してみれば、10分ほどで作業が完了していた。
その程度の簡単な作業である故に、何時でもできると後回しにし続けていたのだから当然の結果だろう。

増設したSSDをOSが認識している事まで確認して、早速にファイルの移住を開始させたのだけど、予想以上に時間が掛かって遅刻する羽目となった。
容量的には20分もあれば終わるはずだったのだけど、ファイル数ばかり食っているフォルダが幾つも在ったため、予想よりも時間が掛かってしまったらしい。

遊びに来たいと言っていた同窓生は昼食会から合流して、雑談しながら昼食を食べた後、Toda氏の自宅へ徒歩で移動した。
何をしたのかと言えば、ゲームとアニメ観賞という2本立てとなっていて、こんなダラダラとした遊び方で良いのかと疑問を感じつつ、ゆったりとした時間を楽しんでいた。
途中で眠気に襲われるかも知れないと心配していたけど、昨夜は少し早めに就寝したのが効いたのか、最後まで睡魔が目を覚ますことなく過ごせていた。

梅雨なのに 夏日続きで ダラダラと2013年06月09日 21時14分09秒

先週末にオフ会が立て込んで録画を消化する時間が取れず、数が溜まり過ぎて視聴するのも面倒になりそうだった。
昨日に少し風邪っぽさを感じていたり、例によって寝不足が悪化している状況もあったので、今日は休養日としてアニメ観賞などに勤しみながらダラダラと過ごしていた。

日頃の寝不足もあったので可能な限りに寝ているつもりだったけど、朝10時の時点で室温が30度近くまで上昇していて、暑さと喉の渇きから寝ていられずに起床する格好となる。
水分補給のついでに朝食を食べようかとも考えたのだけど、暑さから食欲が湧かなかったので喉を潤しただけで自室へ戻り、予定通りにアニメ観賞を始めた。
ザッと見積もっても6時間分ほど録画が溜まっていたので、一気に視聴するのは辛いレベルに達していたため、途中でゲームを挟んだりしながら視聴していたので、予定通りに全て見終わることができなかった。

16時頃には母親の仏前に飾る花を買い換えるために外出して、帰り道にコンビニで涼んでいこうと寄り道したけど、節電中なのか外よりも空気が籠もっている分だけ暑い感じだった。
涼みに来たのがばれるのも嫌なので、予定通りに呼んでいなかった雑誌を読んできたけど、自転車で走り出した瞬間に体を撫でていく風が気持ちよく感じる程度に肌が汗で湿っていた。

ある意味では夏らしい気温と言えるのだけど、気象庁の発表に従うなら梅雨の真っ直中にあるはずで、このまま雨が降らないまま夏へ突入しそうな予感さえする。
そんな事を言っていた矢先、南海上に台風3号が発生したとのニュースがあったのだけど、北上せずに止まっている停滞前線に阻まれて寄ってこなそうな気がして、水不足の心配を払拭する水源となるか疑問に感じる。
砂塵がそろそろ舞い上がりそうな感想具合なので、まとまった雨が降ってほしいのだけど、天候はこちらの都合など考えてくれないので祈ることしかできない。

このところ 倒れる頻度 上がってる?2013年06月10日 22時56分16秒

昨日の入浴中にすのこの汚れが気になった事から風呂掃除を始めて、ブラシで擦るという単純な作業で表面を綺麗にして、裏側を磨くためにひっくり返そうと立ち上がったら立ち眩みに似た感覚が襲ってきた。
最初は気のせいかと思うほど些細な違和感だったけど、呼吸する度に意識が白く塗り潰されていく感じで症状が進行して、息苦しいと感じた辺りで蓋の閉じられた浴槽の縁へ腰掛けた。
頭を低くした事で意識の白濁する症状の進行がゆっくりとなり、このまま安定してくれるかと期待して油断した次の瞬間、隙を探っていた獣のように襲われて、意識が根刮ぎに持って行かれてしまった。

結果的に浴槽の縁から滑り落ちて、タオルの上で倒れた状態で意識を取り戻したけど、完全に回復するまで5分ほど身動きが取れない状態が続いた。
動ける程度まで回復してから掃除の続きをこなして、片付けを済ませてから浴室を出てみると、温度変化へ追い付けないらしくて、行動部から意識が白く浸食される感覚へ襲われたけど、全裸のままで1分ほど休んでいたら回復できた。

信心して倒れた原因に関して考察してみると、恐らくは血圧が低下した事による貧血の類でないかと想像される。
倒れる直前に心拍数と血圧が急上昇している様子を感知していて、意識の消失する直前に貧血解消のために体が反応したと思われる。
俺の心臓は1分間に60回を平気で切ってしまうため、1回の拍動で大量の血液を送るために血圧が高めとなっている。
それ故に血圧低下で今回のような貧血を起こす事が過去に何度もあって、今回もその症状に告示していると思えた。

今朝も頭の中がスッキリとしてくれない状態で出社して、午前中は何とか普通に生活できていたけど、午後から時折に足下が覚束なくなったりと不安定だった。