急激な 気温変化で 風邪を引く2013年03月26日 23時09分14秒

ここ2日ほど気温が急激に低下した影響で風邪を引いてしまい、出社した直後から水っ洟が酷くて、常に鼻の処理をしている状態で大量のティッシュを消費していた。
鼻をかめれば消費量を減らせたはずだけど、耳へのダメージとなるので曲力に控えている影響で、何時までもスッキリとしない水っ洟に苛立ちさえ感じていた。
午前中は風邪を引いている自覚がなくて、沈静化したかに見えた花粉症が再発したのかと勘違いしてしまい、処置を間違えていた影響で無駄に疲れる羽目となった。

昼過ぎに足下から寒気が這い上がってきた事で、風邪を引いているという可能性へ思い至ってからは楽になったけど、体力を消耗していたので集中力に欠いていた。
終盤に至っては眠気も加わってきて、変な汗を額に滲ませながら時折に机へ突っ伏したりしながら作業をしていた。
今日は先方の作業を待っている時間が多かった事もあり、体調が思わしくない割に乗り切れたから良かったけれど、仕事の忙しい時でなくて良かったと安堵している。

今日のように体調が思わしくない時、ゲーム内で不思議と運気が巡ってくる事があって、今日は昼休みにPSO2を遊んでいたら「グラマシェント」というレア武器が出現した。
ただの風邪で運気が巡ってきた経験を過去にしていなくて、この後に重症化するのでないかと不安に感じてしまう。
現状は大きな不調の峠を越えた印象だけど、時折に怪しげな汗が噴き出したりと再び悪化しそうな気配も残っていて、何とも言いようのない不安感の中にある。

先日に船上撮影会で夜桜を楽しんできたので、地元の桜並木が夜にどのような顔を見せるのか興味があって、今夜にでも行ってみたいと考えていたので、現状の体調不良が酷く恨めしい。