事故による 遅延に備え 仇となる2013年02月05日 23時28分27秒

今日は朝11時から秋葉原で打ち合わせがあって、出社した直後に移動し始めなければならないスケジュールだったのに、早朝から人身事故が発生して電車のダイヤが大幅に乱れていた。
家を出る時点から電車が遅延しているとの情報を得ていたけれど、普段の通勤では使わない路線だったので意識していなかったが、別の理由で乗車している電車が20分も遅延していて驚かされた。
恐らくは車内アナウンスが流れていたのだと思うけれど、朝か遅延している路線の情報だと思い込んで聞き流していたらしく、時計を見た瞬間に目を疑うほどの驚きようだった。

電車を乗り換えた先へ行ってみると、早朝から人身事故の起きた路線の影響が各所へ及んでいて、秋葉原までの所要時間が不透明な状況だった事もあり、出社せずに打ち合わせへ向かう事になった。
電車の発車時刻こそ予定から外れていたけれど、走り出した後のリズムは順調そのもので心配したような遅延もなく、30分以上も前に秋葉原へ降り立っていた。
こうなると、今度は待ち惚けする他に選択肢がないわけで、打ち合わせの相手とG社長の到着を寒風に晒されながら待っていた。
俺はヨドバシカメラにあるカフェとしか聞いていなかったため、入り口の脇にあるサンマルクカフェだと思って屋外で待っていたけど、店舗4階にあるカフェだったらしく無駄に寒い思いをしてしまった。

打ち合わせを終えると昼時になっていたけど、普段の弁当が会社に届いているので外食するという訳にもいかず、酷い空腹を感じながら会社へ移動していった。
会社へ到着すると弁当が冷めていたので電子レンジへ掛けたのだが、設定時間を間違えて猫舌の俺では食べられない熱さになってしまい、空腹に腹を鳴らしながら待ち惚けを強いられた。

そんな調子で午前中は待ち惚けが多かったのだけど、午後は再び調子が崩れて四苦八苦としながら設計作業を進めていた。
もう少し気合いを入れて取り組みたいと思うに、頭の職務放棄が続いて情けないやら悲しいやらと気が滅入ってしまいそうだった。
いい加減に気合いが入ってくれないと困るのだけど、どうしても調子が戻らずに悪戦苦闘の日々がもう暫く続きそうな様相だ。