[小説:P★RS 半裸さん日記] part152013年01月20日 20時46分35秒

第一話がこちらになります。
http://crimson-harberd.asablo.jp/blog/2012/09/17/6576628
------------------------------------------------------------

ロックキャノンから放たれた砲弾の閃光が収まると、半裸さんが両方の膝と手を床に付いた姿勢で倒れていました。
ディーナちゃんはディスプレイ越しに半裸さんの無事を確認すると、小さく安堵の溜め息を漏らしました。
その直後、フミさんにスポットライトが当てられて勝利が宣言されます。
ディスプレイの表示が消える同時に、半裸さんとワリトちゃんが玄関へ戻ってきました。

「今のがばとる!だよ。武器を持ち出しての戦闘だから、レベルが高くても貧乏だと勝てないのさ。」
半裸さんが苦笑しながら恥ずかしそうに頭を掻きながらリビングへ入ってきます。
「負けると分かり切っていながら戦う理由だけど、ボクは星人の争奪戦に興味がなくて、チケット集めのために参戦してるの。」
半裸さんは玄関のポストから回収してきたチケットをディーナちゃんへ手渡しました。
「集めると、勝負ガチャに呼ばれる福引きにチャレンジできるの。」
「その福引きのために、あんな事をしているのか?」
「レア設定だけど、強い武器や防具をもらえる事もあるってね。ボクにとっては高級品を手にする唯一のチャンスなのさ。」
ディーナちゃんは怪訝そうにチケットを見詰めていると、半裸さんがその頭を優しく撫でてきました。
頭を上げて半裸さんの顔へ目を向けると、先程の苦笑と打って変わって、すごく嬉しそうな笑顔となっています。
「な、なんだよ。」
ディーナちゃんが後ろへ半歩退きながら声を荒げます。
「ディーナちゃんが心配してくれて嬉しいな、と思ってね。」
「心配なんかしてない。」
ディーナちゃんは顔を赤らめながら、更に半歩さがって半裸さんの手を振り払います。
「照れるディーナちゃんが可愛いよ。」
半裸さんがハート型のオーラでも飛び出しそうな眼差しを飛ばすと、ディーナちゃんは背を向けて聞こえていない振りをします。
照れてムスッとしている顔を覗き込もうとする半裸さん、その視線から逃げるディーナちゃん。
そんな事を繰り返していると、ワリトちゃんが半裸さんの顔面に飛び付いてきました。

「えっと、ワリトちゃんがご要望なので、バトフレさんの所を巡ってくるから、少し待っていてね。」
半裸さんはそういうとワリトちゃんを顔面に貼り付けたまま玄関へ向かっていきます。
「バトフレさんは星人を賭けずにチケット目的でばとる!をやりあう友達のことね。」
「言わなくても、何となく想像できたよ。」
半裸さんが丁寧な説明に対して、ディーナちゃんがぶっきらぼうに答えます。
それもまた可愛い、と言いたげな視線を残して、半裸さんは再びばとる!の対戦へ向かっていきました。

次へ
http://crimson-harberd.asablo.jp/blog/2013/02/03/6711210

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「このブログはどんな空間でしょう?
 ひらがな4文字でお答え下さい。」

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://crimson-harberd.asablo.jp/blog/2013/01/20/6696561/tb