幾つもの 用事を抱え あたふたと2011年02月01日 20時41分54秒

無線LANによる通信環境の整備に見切りを付けて、有線ケーブルを引き回す工事を大工へ依頼しようと決意したのだが、どうにも間が悪くて今日も電話を掛けそびれてしまった。
それなりに急いでいるつもりなのだが、独身の身の上にとって家庭事情の優先順位は限りなく低くて、少しでも仕事が混んでいると天秤に掛けるまでもなく後回しにしてしまう。
今日も昼過ぎに大工への電話を掛けなければと思い出したのだが、作業の霧が悪くて「5秒で忘れるだろう」と予想しながらも手を止めなかった。
そして、予想通りに頭から抜けてしまった用事はブログの記事を考えながら、前日の内容を読み返す瞬間まで思い出すことはなく、苦笑しながら明日こそ忘れずに連絡しようと心に誓っていた。

忘れていた事と言えば、金曜に受け取りへ行く予定だった予約品の受け取りの方は、諸事情で残業をする気が失せて帰宅する事になったため、無事に回収してくる事ができた。
諸事情というのはT社員が早めに帰り自宅を始めた上に、G社長が接骨院へ出掛けるとのことで外出の準備を始めて、1人だけ残って作業を続ける気が失せただけだったりする。
諸事情がなければ時間を忘れて作業へ没頭した可能性が高くて、他の社員が早々に帰り支度を始めてくれた事へ感謝したが、作業を残しての帰宅なので今一つ喜ぶ気になれない。

幸運にも忘れかけていた商品の受け取りへ出掛けられたのだが、普段なら待ち時間の発生しない予約カウンターに2人も並んでいて、珍しい事もある物だと首を傾げていた。
少しくらい待つ程度なら体を温めるのに丁度良いと思えたのだけど、最初の人がカウンターを離れるまで5分ほど掛かっていたため、長すぎると苛立ちを感じていた。
こういう場面で入ってくるはずのサポートもなくて、予約手続きに不慣れと思われる店員が焦りながら対応していて、逆効果だと知りながらも睨みつけてプレッシャーか掛けてしまった。
俺の順番が回ってくるのと同時にサポートの店員が入ってきて、俺の後ろの客の方が先に終わったりと2重に腹立たしくて、気分の悪い帰り道となっている。

忘れずに 電話を掛けて 安堵する2011年02月02日 20時27分50秒

大工に有線LANケーブルの引き回しを依頼する電話の件は、昼休みの終盤に不意に思い出せたので無事に連絡を付けることができた。
有線LANケーブルを引き回すだけの安い工事では、断られてしまうかも知れないと心配していたけれど、すんなりと土曜に見積もりへ来てくれる事となったので、不安が消えてホッと胸を撫で下ろしていた。
それと折角に大工を呼ぶ事になったので、以前から不便に感じていたトイレの照明に使用されている特殊ソケットも取り替えてもらう事にした。

問題のソケットは蛍光灯を折り畳んだ形状の照明器具専用となっていて、省エネなLED電球を使えないだけでなく、寿命が近付くと点灯までに時間が掛かるようになる特性があるため、トイレに用いると不便で仕方がない。
耐用年数の半分ほど期間で点灯までに時間が掛かるまで劣化するが、1分もすれば最大光量まで明るくなるため、廊下のように照明を点けっぱなしにする場所なら問題ない。
薄暗いトイレに入っている時間は気分が良くないため、まだ使えると分かっていても早々に交換してしまうので、本来なら電気代が安くて耐用年数も長く経済的な商品のはずなのに、値段の高いだけの欠陥品扱いとなっていた。

専用ソケットの交換は単なる思い付きだったのだけど、今後を考えれば早めに対応しておいて損もないし、安すぎる仕事で大工を呼ぶ後ろめたさも少なからず軽減するので、悪くない発想だったと思っている。

問題は大工が見積もりに来る土曜に通院の予定と、場合によってはToda氏の所で宴会が開かれる可能性もあって、一気に予定が詰まって慌ただしくなりそうな様相となってきたことだ。
現状では朝一番に病院の受付を済まさないと、大工が来る時間までに帰ってこられそうもなくて、寝坊をしたら大変なことになると今の時点から冷や汗を流していたりする。
いっそのこと大工を日曜に呼んでしまおうかとも思ったけど、即日や翌日に対応してもらえる可能性も少なからずあったので、土曜に見積もりへ来てもらいたかった。

乾燥が 肌に現れ 困り気味2011年02月03日 21時03分37秒

乾燥注意報が解除されないまま新記録へ向かっている今日この頃、今まで経験をしたことがない乾燥肌と思われる症状が出始めている。
普段なら何らしかの病名が付かない限りは肌荒れの心配などしないが、先週辺りから症状が現れだした乾燥肌は日増しに悪化しており、今日はカサカサになった肌が突っ張る感じになってきている。
さすがに肌の違和感が絶えることのない状態となってきてしまうと、放置したままで大丈夫なのかと心配になってくる。

保湿クリームとか対応策を考えようとしたけれど、今回の件は乾燥注意報が解除されない日々が続いている影響と考えられ、次に使用する機会がある否かも怪しい商品を購入する気にならなかった。
しかも、保湿クリームの類なんて購入した経験がないので、肌に合わないハズレを引いてしまう危険性を考えたりすると、面倒なこと極まりなくて今まで通りの放置で良いのではないかと思ってしまう。
一応はG社長やT社員にお勧めなどを聞いてみようと思ったのだけど、使用する石鹸から変えているらしくて、応急処置的な対策を望む俺とは違う次元の意見しか得られなかった。

大気を湿らせるだけの雨が降ってくれさえすれば解決する話なのに、飽きることを知らないの空は晴天を続けていて、雨が降らせそうな気配は微塵も感じられないまま日が暮れてしまった。
記録的な乾燥という事で火の元への注意が向けられているらしく、意外と火事のニュースが少なく済んでいるけれど、そろそろ緊張の糸が切れて煙草の不始末で家を燃やす人が出てきそうだ。
俺も自室の暖房に灯油を用いているから注意しているけど、疫病神という名の姉貴がいるので心配の種が尽きることがない。
なにせ疫病神の奴は引っ越す前の家で小火騒ぎを起こした前科があり、1ヶ月ほど前にリビングのストーブを消さずに自室へ戻ったりと、危機感の欠片も持ち合わせていないので危なっかしい。

心配の種もある事だし、いい加減に雨が降ってほしい今日この頃だ。

眠気さえ 一気に払う 黒い耳2011年02月04日 20時54分23秒

昨夜に少し読むだけのつもりで手に取ったコミックを手放せなくて、夜更かしをしてしまった影響なのか注意力が散漫となっている気がする。
朝もスクランブル交差点が青に変わるタイミングを間違えて歩き出したり、仕事中も強烈な眠気に襲われたり、単純な記述ミスが現任のエラーを何十回も繰り返してしまった。
夜道を歩いている時も人の接近に気付かなくて、ぶつかるまでは行かないまでも障害物が降って湧いたような体験をして、ビクッと足を止めるという場面があったりと心臓に悪かった。

明日は午前中に予定が詰まっていて忙しくなりそうで、早めに起床しなければならないと思っているのだが、今日の様子を見ていると起きられる地震が持てなくなってきた。
しかも、信号待ちの時に欠伸をしたりと寝不足を強く印象づける行動も見られて、夜更かしが癖になりつつあると自覚していただけに、自制心の弱さが悔しくて仕方がない。
明日は本当に慌ただしい予定となっているので、今夜こそは早めに就寝しておく必要があるのだが、現時点において既に夜更かしをしそうな予感がしており、呆れた溜め息が漏れてしまう。

不安を抱えながらの帰り道、乗り換えた電車の吊革に黒いネズミ耳を模したデコレーションが施されていて、見た瞬間に電車を降りようかと思ってしまうほどの嫌悪を感じていた。
女性専用車両へ間違えて乗り込んでしまったかのような居心地の悪さで、せめて別の車両へ移ろうと思ったのだが、見通せる限り全ての車両で同様のデコレーションが施されており、頭を抱えて座り込みたい気分になっている。
何の宣伝かは予想できるけれど、趣味の悪さに気怠さを感じてしまうと同時に、全ての吊革に装飾を施していった作業員へ同情してしまった。

夜更かしは 駄目と知りつつ 止められぬ2011年02月05日 22時06分32秒

昨夜は翌日の午前中に予定が詰まっていたので、夜更かしをしないように
しなければと注意していたはずなのに、予想していた通りに夜遅くまで遊んでしまって後悔を抱えての就寝となった。
夜更かしをした事で寝坊に対する警戒心が高まっていたので、仕掛けておいたアラームに従って順調に起床したのだが、起きてからの行動力に大きな問題があったらしく、出発時間が予定より30分も遅れてしまった。

しかも、身支度を調えるまで時間が押している事実に気付いていなくて、家を出る直前に時計を見て驚いてしまう状況で、完全に気が抜けてしまっていたから質が悪い。
ここで緊張感を持って自転車を走らせる足に力を込めていたら、その後の事情が少し楽になったかも知れないのだが、家を出た時点では状況を楽観的に見てしまって、必死にペダルを踏み込んだりはしなかった。
そして、病院へ到着してみると前回と同様に花粉症患者が殺到しており、待合室が大混雑で待ち時間が1時間20分とか言われるほどの惨状で、受付を済ませた時点で既に遅刻が確定してしまった。

絶望的な状況に冷や汗を流しながら、有線LANを引き回す工事の見積もりに来る予定だった大工へ連絡して、11時頃と頼んでいた予定を12時に変更してもらった。
折角に予定をずらしてもらったのに、実際へ帰宅できた時刻は約束の時刻の5分前とギリギリになって、社会人らしく10分前行動を取ってくれた大工を待たせてしまい、色々と申し訳ない思いでいっぱいだった。

どうにも夜更かしの癖が抜けなくて、体調も含めて日常生活へ影響が出始めてしまっている今日この頃、何とか自制心を取り戻したいと考えているのだが、心の余裕が足りない様子で難しく感じられる。

[小説:闇に舞う者] part162011年02月06日 20時40分17秒

初めての方はこちらの記事からお読み下さい。
http://crimson-harberd.asablo.jp/blog/2010/09/20/5357805

2人の食いしん坊は顔を合わせたことで、食欲以外の感情に芽生えてしまったらしく、目の色を変えて鍋の中のスープを平らげてしまった。
作り置きの予定で4食分を作ったつもりだったので、ルワンは空になっていく鍋を見つめながら呆れるばかりだった。
「ふぅ、おなかがいっぱいで苦しいよ。」
「これだけ食べれば当然だ。度胸があるのは結構だが、加減やら遠慮ってもんを少し考えろ。」
チェルニーは傍目にも分かるほど膨れた腹をさすりながら、「あはは」と苦笑いを浮かべて、大の字に寝転がってしまった。
同じように腹を膨らませたディーナも、片付けをするルワンの太股に身を丸めて寝ころんでいた。
「そういえば、ちっちゃな人はいっぱい食べていたけど、お兄ちゃんは全然だったね。」
「こいつはディーナ、武器の妖精であり、俺の分身でもある。ディーナが食べた分は俺の腹へ入るからな。自分で食べる必要なったのさ。」
「あ~、それで自分よりも大きな器のスープを食べ切れちゃうのか。」
そんな話をしている間にも、ディーナの腹は目に見えて小さくなっていき、代わりにルワンが腹をさすり始めていた。
「食べた物の他にも記憶も受け取れるから、偵察役として飛んでもらう事もある。」
「つまり、お兄ちゃんは目と口が2人分あるのか。魔法は便利そうで羨ましいな。」
「受け渡しは触れている時に限定されるし、時間も掛かる。それに、ディーナの大食いに付き合うのはかなり辛い。」
この時点でディーナから転送されてきたスープは、ルワンの表情を曇らせる程の量へ達していた。
食休みのために寝転がったルワンを笑いながら、チェルニーが横へ転がって擦り寄ってきた。

暫くの間に続いていた沈黙をチェルニーが破り、少し振るえた声を投げ掛けてきた。
「ボクが起きた時、ディーナちゃんは何処へ行っていたの?」
「お前の足跡を追って、村の様子を見に行っていた。」
チェルニーの表情は前髪に隠れて見えなかったが、不安を感じている様子は力の籠もる指先と、小刻みに角度を変える猫耳から伝わってきていた。
「血の臭いはなかったが、人の姿もなかった。居たのは蜘蛛のモンスターだけだ。」
ルワンがチェルニーの頭へゆっくりと撫でんがら、緊張が解れるまで待ちながら言葉を選んでいった。
「ディーナは何度でも再生できるが、消されると俺に渡していない情報は失われる。だから、村の隅々まで見てきた訳じゃない。」
チェルニーの頭へ置いた手の動きを少し変えて、顔を上げるように促していく。
ルワンの胃を理解して、小さな瞳が見上げてくるまで1分ほどの時間を要した。
交差する視線に小さくも確かな覚悟が宿っている事を認めて、ルワンは余計な気遣いを捨てて言葉を続けた。
「村人は全て連れ去られたと考えて間違えないだろう。不幸中の幸いは敵が無傷での生け捕りを狙っていた事だ。」
互いに視線を外さないままの沈黙の中で、ルワンはチェルニーの言葉を待っていた。
「お兄ちゃんは強い魔法使いなの?」
「そうだな。」
「ボクが助けて、って言えば助けてくれる?」
ルワンはチェルニーへ向ける優しさを変えずに、無言のまま首を縦に振ってみせた。
「ボク達には何もお返しができないよ。それでも?」
「俺がそんな安っぽい男に見えるのか?」
チェルニーはルワンの胸板へ顔を押し付けてから首を横へ振って、声を絞り出した。
「お兄ちゃん、ボクの村を、ボクのお父さんとお母さんを助けて。お願い。」
「おう、任せろ。」

次へ
http://crimson-harberd.asablo.jp/blog/2011/02/13/5679880

我慢して 溜めた猶予を 使えずに2011年02月06日 20時51分46秒

昨日の午後はToda氏の自宅で執り行われた宴会へ参加して、のんびりとした時間を過ごしていた。
ここ最近に宴会が頻繁に開催されている理由として、参加メンバーの内で1人が忙しくなって参加できなくなりそうである事と、Toda氏が日本酒専用の冷蔵庫を購入した事情にある。
酒があるのに開催できる頻度が落ちるかも知れないのなら、忙しくなる前に宴会を楽しんでおこうという流れが起こっているわけだ。

去年の年末にエコポイント減額や地デジ対応といった諸事情により、液晶テレビとブルーレイレコーダーを購入した影響で、財政難に陥っている身としては頻繁に開かれる宴会は少し辛かったりする。
宴会と言っても酒にドクターストップが掛けられている身分なので、四合瓶1本に対してお猪口2杯という制約を課しているため、我慢する時間が辛い時もある。
それでも少しだけ日本酒が飲める事に加えて、気の知れた連中と過ごす時間が楽しくて、財布が厳しいと良いながらも当然のように参加している。

このところの宴会は色々な銘柄の日本酒を取り寄せて、飲み比べをしながら過ごしている事もあって、四合瓶1本に対して2杯という制約の中で少しでも美味しく飲むため、好みに合わない時は1杯だけでやめている。
そして、次に好みの酒が来た時に3杯を楽しむとかやっているのだけど、1本目玉の日本酒が美味しかったのにそれ以降が微妙だったため、最初に多く飲んでおけば良かったと後悔している。
最終的に四合瓶4本を開けておいて、最初に2杯を飲んだけれど、それ以降は1杯で留めており、制限を大きく下回る量しか飲んでいない事も含めて、24時間が経過した今でも悔しさが残っているほどだ。

普段より 薬が増えて くそ眠い2011年02月07日 20時21分38秒

今日は暖かな日差しに恵まれて寒さが緩んでくれたので、随分と過ごしやすくなったと感じながら出勤の身支度をしていた。
しかし、玄関を開けてみると一瞬で体温を奪っていく強烈な北風が吹いており、屋内とのギャップも手伝って身震いするほどの寒さに感じられた。
もっとも寒さの原因が強風に限られていた事もあって、防寒具さえしっかり着込んでいれば楽に凌げた。
そのため寒さは大した問題と感じていなかったのだが、気温が上昇してきた所に吹き始めた強風が花粉を運んできたらしく、寝起きから鼻の奥にむず痒さを感じていて、花粉症が発動する嫌な季節が始まったと嘆いていた。

土曜に耳鼻科で診察を受けた際に、花粉症の症状が出始めていると言われて処方を追加してもらったのだが、今年は主治医から悲鳴が上がるほど耳の状態が悪化した事もあり、場合によっては更に薬が増えると警告を受けた。
普段なら錠剤が増える事など大して気にしないのだが、花粉症対策で処方される薬が異様に眠気を誘うことを体験しているため、できることなら例年通りの症状で済んでほしいと願うばかりだ。

今回の処方は例年通りの1種類が追加されたのみなのだが、体が薬になれていない事に加えて、ここ最近の夜更かしによる寝不足が祟ってしまった様子で、日中に気持ち悪くなるほどの眠気に襲われた。
仕事へ集中できない状況が続いたので軽く仮眠を取ってみたけど、眠気は殆ど変わらずに気分の悪さだけが強まってしまう有様で、仮眠から起きた後の数分間は精神的にも辛くて目が回りそうだった。
しかも、思い出したかのように花粉症の発動するタイミングもあって、今日は気の休まる時間も、作業へ集中できるタイミングも殆どないまま日が暮れてしまった。

例年通りの処方でこれだけ苦しんでいるのに、更に薬が追加される可能性があるなんて想像してしまうと、花粉症のシーズン中は自室へ引き籠もっていたとか本気で思ってしまう。
しかも、花粉にしたって飛び始めたばかりで本格的なシーズンとは呼べないわけで、今後のことを考えるだけで体力が奪われていきそうな気がする。

寝不足で 仕事ができず 気も滅入る2011年02月08日 20時38分56秒

昨夜はネットゲームの方で何も聞かされずに長いミッションへ駆り出されて、就寝予定から1時間も遅れて布団へ入る羽目となってしまった。
それだけでも辛かったのに、疫病神と呼んで嫌っている姉貴が出す大きな物音で睡眠を妨害されて、近くまで来ていた睡魔を逃げてしまった上に、怒り心頭で目が冴えるオマケまで付いてきた。
結局のところ睡眠時間は予定より2時間も少なくなった上に、アラームをセットし忘れるミスまで追加されて、寝起きから一歩間違えれば寝坊となりそうな状況に放り込まれて、冷や汗を流しながらの起床となっていた。
平常通りの日程であれば、1時間くらいの寝坊までならカバーできるようにしているだが、今日は客先での打ち合わせが朝一番に入っていたので余裕がなくて、寝起きが悪かったとしたら地獄を見ていたかも知れない。

客先は例によって少し堅めの社風だったので、スーツでの出勤となったのだけど、朝から気温が高めだった事もあって苦痛を感じる場面はなかった。
それに花粉症の方も昨日と比べても緩くなっていたし、寝起きと同時に冷や汗を流すようなスタートだった割に、日中は過ごしやすくて快適とさえ思えるほどだった。
その反面で日が暮れた後はゾッとするほどの勢いで気温が下がり、暖房の届かない廊下へ出ると強烈な寒さに襲われて、日中とのギャップも手伝って悲鳴を上げてしまいそうだった。

客先での打ち合わせは無事に乗り切れたのだけど、寝不足の影響が大きすぎて会社へ戻ってからも集中できず、作業を殆どできない有様で四苦八苦とさせられた。
その事実だけでも困ってしまうのに、どうにも正常に睡眠へ入れない症状がでていそうな気配を感じていて、場合によっては疫病神による睡眠妨害が重なる危険性が考えられて、早くも精神的に潰れそうな不安を感じている。
現状に置いても文章が上手く書けないだけで苛立ちを感じているし、昨夜の一件で色々と不穏なスイッチが入ってしまった気がして、面倒なことになったと呆れるばかりだ。

大粒の 雪の割には 寒くない2011年02月09日 20時29分28秒

今朝は通勤時間を狙い澄ましたかのように雨が雪へと変わってくれて、頭に雪化粧を施されながら自転車を走らせる羽目となった。
降っていた雪は粒が大きい割にしっかりと凍っていたので、服へ落ちた分は綺麗に払い落とせたので殆ど濡れなかったけど、頭の上だけは体温で早々に溶けてしまって被害が大きかった。
それでも電車へ揺られている間に服も頭も自然乾燥で乾いてくれたので、風邪を引くような不安を抱えずに出勤する事ができた。

雪が舞うほどの寒さを殆ど体感する事のないままに出社したのだけど、15時頃から妙に室温が下がって寒さに身を振るわせる場面があったり、何かと不安定な天候に何か不吉を感じていた。
夕暮れから急激に気温が下がって、帰り道は息すら凍るような寒さに見舞われるのではないかと心配するも、昨日に比べれても2段階ほど寒さが緩んでいる印象だった。
G社長が見ている天気予報によると、金曜は最低気温と最高気温の間に3度しか開きがない寒い日となるそうで、その情報を元にして考えると今夜を楽に過ごせると思えなくて、どうにも疑いの目を向けたくなってくる。

ここ最近は三十路を迎えた影響なのか温度変化に弱くなっているため、季節の変わり目となる時期に色々と不安を感じてしまう。
去年のように「春がなかった」と言われるほどの急激な変化は困るけれど、花粉が飛散する間がない状況も悪くないとか思ってしまうのは、花粉症で辛い経験を繰り返している影響が大きいのだろう。
振り返ってみるとサイクリングに適した春や秋がなかった影響もあって、殆どクロスバイクを走らせていなかったから、カメラを片手に色々なところへ出歩きたいものだ。