初日の出 リベンジ果たし 感無量2011年01月01日 11時29分48秒

ネットゲーム上で年越しを迎えて、そのまま深夜1時までお喋りをしていたので寝起きを心配したのだが、眠りが浅くて夜中に何度も目を覚ましていたので、殆ど徹夜と変わらない状況での起床となった。
早朝5時にロフトを下りると同時にストーブの前に座り込み、撮影予定地へ向かうまでのエネルギーと眠気覚ましを兼ねたカフェオレを飲みながら、安売りされていた野菜のケーキを胃袋へと収めた。

一通りの準備が整ったところで時計を見てみると、出発予定の5時30分となっており、気合いを入れて玄関を開けると予想通りの冷たい風に身震いをしてしまう。
殆ど防寒具を持っていない事もあり、Tシャツを重ね着している以外は普段と変わらない服装であるため、日の出前の寒さが身に染みると泣き言を言いながら、ブルゾンの襟を立てながら自転車へと向かった。

初日の出ツアーの新たな仲間として加わったLED懐中電灯は、予想を遙かに超える活躍を見せてくれて、去年に道を見失ってしまった難所も何の問題もなく通過できた。
難所のみならず、全行程において夜盲症から派生する重圧を軽減してくれたので、精神力の消耗から体力を削られる事もなくて本当に頼もしい相棒だと感涙するばかりだった。
もっとも高速道路のインターチェンジの前や国道の交差点など、立地的に危険を伴う箇所があったし、例年に比べて交通量が多かったりともしたので、精神的に辛い場所がなかったわけでもない。

精神的に落ち着いていた影響なのか、例年の初日の出ツアーでは例のなかった尿意が襲ってきた時はかなり焦った。
時計を見てみれば、日の出まで30分以上も時間があり、寒風の吹き荒む橋の上で我慢し続けられると思えず、何処かで用を足さなければと悩んでいた。
限界の2文字が差し迫ってくる中で前方へ目を向けると、見慣れたコンビニの看板が見えたから驚いた。
こんな辺境にコンビニがあると全く知らなかった事もあり、何かの幻覚でも見ているのではないかと心配したが、近付いても消えたり遠ざかったりする事もなく、入店する事ができたのでトイレを貸してもらった。

大きな危機を乗り越えて再び自転車を走らせると、物の数分で撮影予定地まで辿り着けた。
到着時刻は6時30分、日の出の20分ほど前の到着となってホッとすると同時に、待ち時間の長さにゾッとしながら撮影スポットを探していた。

例年だと土手で撮影しているのだが、今回は少し通り過ぎてしまった事もあって、橋の上から初日の出を見ることにした。
撮影スポットを定めて準備万端の姿勢に入ると、駐停車禁止である橋の上にずらりと並んだ車列が邪魔くさく感じられた。
毎年のように見ている光景ではあるけれど、さすがに土手から遠くの景色として眺めるのと、背後に存在するのでは感じ方が全く違ってきてしまう。
寒さに耐えながら自転車を走らせて、今も冷たい風を全身に受けている人間としては、暖かい車内で安穏と過ごしている連中が憎たらしくて仕方がない。

そんな事を思っていると、後方よりパトカーがやってきて早々に立ち去るように警告するも車列が動く気配は全くなかった。
年始早々に交通違反とは大した身分だと呆れながら眺めていると、最後尾の車両から取り締まりを始めたらしく、徐々に車列が取り崩され始めると、何とも言えない爽快感を覚えていた。

交通整理を他人事として眺めていた俺の後ろを、「せっかく来たのに・・・」とか「後10分くらい大丈夫だ」なんて言いながらも、渋々と車へ戻っていく連中がいた。
早朝から片道1時間も掛けて自転車を走らせてきた人間を前に、車でのんびりとやってきた奴が「せっかく」とか言っている姿は、ちょっとムッとした。
ちなみに、車列が崩され始めた時点から日の出まで20分ほど掛かっており、正確な日の出時刻も調べずに来ている連中が何を言うのかと呆れてたりもした。

そんなこんなで辺りが静かになったところで、無事に初日の出を拝むことができた。
ってことで、その時の写真がこちらになりまる。

2011年 初日の出
●フルサイズ【2848*2136: 344KB】
ってことで、無事にリベンジを果たして初日の出を撮影できました。
完全に顔を出していないのだけど、この時は再び襲ってきた強烈な尿意を堪えるのに必死だったし、トラックが通ったりすると橋が揺れたりと悪条件が重なってしまい、あまり良い写真が撮れませんでした。
その事実は残念で仕方がないのですが、肉眼では完全な日の出を拝めていたので満足しています。

燃え尽きて 帰宅した後 堕落する2011年01月01日 19時50分07秒

初日の出を見て帰ってきた後、風呂へ浸かって冷え切った体を温めていたのだけど、寒さの影響だと思っていた腹痛が治らないばかりか気怠さまで出始めてしまった。
去年が2度の入院など騒がしい限りだった事もあり、験担ぎのために初詣へ出掛けようと思っていたけど、体調が思わしくない事もあって帰宅してからは自室で堕落した時間を過ごしていた。

去年の内から大量の未読コミックを溜め込んでいた事もあって、体を落ち着かせながら積み上がった山を少しずつ切り崩しに掛かっていた。
途中でPSPを持ち出してゲームをしたりと、冬休みへ入ってから初めてとなる休暇らしい時間を満喫していた。
腹の方は相変わらずゴロゴロと鳴っていたけど、別段に痛みを感じたりする事もなく、ゲームやコミックへ集中してしまえば忘れられる程度で済んでいた。
14時を過ぎても空腹感がない事から、もしかしたら単純に腹が減っているだけではないとの疑いが浮上してきたので、試しに雑煮を食べてみたら正解だったらしく、腹の虫も不快感も綺麗になくなってくれた。

しかし、腹の違和感が消えても気怠さが残ってしまった上に、堕落した体を奮い立たせるほどの気力も沸いてこなかったため、日が暮れるまでコミックとゲームに明け暮れてしまった。
年始早々に何をやっているのやら、と呆れた気分にもなったけれど、初日の出のリベンジを果たした事で満足してしまって、大した罪悪感も感じないまま夕暮れを迎えていた。
明日こそは散髪や初詣へ出掛けてこようと思うのだけど、果たして気力が復活するのか自信がなかったりする。

参拝の 作法を忘れ 適当に2011年01月02日 20時55分39秒

今日は遅めの朝食を食べ終わった後に、初詣へ出掛けてきた。
我が家の最も近くにある神社は末社なので、大きな神社まで行ってこようかと考えたけど、去年の初詣に会社のことを想って遠出していた事を思い出した。
わざわざ足を伸ばしたにも関わらず、去年は2度も入院する散々な年となっていたので、末社であっても自宅から最も近い神社の方へ行ってこようと考えた。

今まで名前しか知らなかった神社へ行ってきたのだ、駐車場の裏が崖という立地は「後がない」なんて言葉を連想させるから、縁起が良くない気がすると、失礼なことを考えてしまった。
自宅から片道5分くらいで到着したのだが、朝から暖房を付けずに生活していた事もあって、破魔矢やなんかを燃やすための焚き火で冷えた体を温めさせてもらった。
本来は暖まるための火でない事は分かっていたけど、ストーブやエアコンと違った揺れる炎の暖かさが心地よくて、昔から火遊びが好きだった事を思い出しながら長居をしてしまった。

焚き火で暖まっている時、投げ入れたが微妙に火の届かない場所へ落ちたダルマを、木の枝で何とか移動させようと苦労している御老人の姿が目に付いた。
最初はお節介を焼くのもどうかと思って眺めていたけど、困り果てている様子を見ていられず、御老人の持っていた木の枝を借りると、ダルマを掬い上げると同時に。そのまま火の中へ放り投げてやった。
これがまた本人さえも感動してしまうほど見事なジャンプとなって、火の中心へ飛び込んだだけでなく、不安定な足場を諸ともせずに綺麗な直立を見せてくれた。
御老人から「おお、サンキュー」と礼を言われている間にも、ダルマは文字通りの火だるまと化していって、その姿は何処か誇らしげに見えたけど、人を象った物が焼かれる様に何処か後ろめたさを感じていた。

神社での参拝方法を思い出そうと苦心するも思い出せず、他の参拝客を見てみれば、先ほどの御老人までも参道の中央を歩いていく有様で、「それっぽければいいかな」と苦笑しながら開き直るしかなかった。

帰宅してから調べた所によると、参拝の作法は下記の通りだそうだ。
1.軽く礼をして、鳥居を通って参道へ入る
2.参道に端を歩いて手水舎へ向かう (中央は神様の通り道)

3.右手で柄杓を持って、左手を洗い清める
4.柄杓を左手へ持ち替え、右手を洗い清める
5.柄杓を右手へ持ち替え、左手に汲んだ水で口の中を清める
6.左手を洗って、柄杓の柄も洗った後に元の場所へ戻す

7.拝殿へ向かって、最初に軽く礼をする
8.鈴を力強く鳴らす (「神様、来たよ~」の合図)
9.静かに賽銭を入れる (×投げる、「お納め下さい」的に)
10.二拝二拍手一拝 (拝=深々と礼)

改めて思い返してみると、誰一人として正しい参拝をしていなかった気がするけれど、初詣へ行こうと思った心を汲み取ってくれる神様であると信じるとしよう。

初詣 行けど変わらぬ 運の無さ2011年01月03日 20時06分49秒

今日が冬休みの最終日となるのだが、特に予定もないので午前中をのんびりと過ごして、暖かくなった午後から体を動かす目的で適当に出掛けてこようと考えていた。
しかし、午前中に手を出したゲームのキリが悪くて、「あと少しだけ」と言いながらズルズルと続けてしまって、出掛ける暇がないまま夕暮れを迎えてしまった。

遊んでいたゲームはお使いクエストのあるゆったりとしたRPGなのだが、モンスターからしか入手できないアイテムを集めてくる依頼を、意図せずに引き受けてしまったのが運の尽きだった。
しかも、その依頼を受けた後に立て続けでイベントが入って、ゲーム内での制限時間が削られてしまった上に、依頼を受ける前のセーブを間違えて上書きしてしたりと、引くに引けない状況へと追い込まれる。

更に依頼を受けた時点で集めるべき個数は残り1個だったので、何とかなるだろうと楽観視していたら、ここで予てより定評のあるリアルラックの悪さが発揮されて、目的の品を落とすモンスターにさえ出会えない。
やっと出会えたと思っても欲しいアイテムは全く出てくれなくて、何時間も挑戦しているのに後1つが出ないという悲しい状況が続き、現状では軽く諦め気分になっていたりする。

本来ならここまで苦労するようなクエストでないのだと思うが、どうしてこうも上手く行かないのかと涙目になってきてしまう。
初詣へ行ったりと験担ぎをしてきてたつもりだけど、リアルラックの無さは神頼みでも解決しないほど甘くないようだ。
ここまで見事に結果が現れてくると、悲しいや悔しいといった感情よりも先に呆れの方が来てしまって、ある意味では清々しささえ感じてきてしまう。
運気の無さなんて今に始まった訳でないから気にしないけど、これが原因で好きなキャラクターとの親密度が上がらないとか悲しい結果になるなら、セーブをリセットするのも止む無しとか思っている。

諦めの 先で待ってた この奇跡2011年01月04日 19時50分35秒

昨日は冬休みの最終日なのに、外の気温が上がるまでの暇潰しで遊び始めたRPGにおいて、どうしてもクリアしておきたい期限付きクエストに必要なアイテムが揃わず、今年もリアルラックが足りないままかと落胆していた。
昨日の記事にした通り、クエストで依頼した品は合成によって生成する他にないのだが、合成に必要な素材もモンスターを倒した時の戦利品でしか手に入らないため、リアルラックが足りないために悪戦苦闘を強いられていた。
しかも、クエストを受託した時点で必要な4つの内3つまで集まっていたのに、最後の1つがロードを繰り返しながら3時間もプレイしたのに出てこなくて、このまま失敗したら最初からやり直そうと覚悟したほどだった。

もしかしたら3つまで揃えている事で、満点でなくても及第点くらいもらえるかも知れないと期待しながら、素材探しでゲーム内の同じ時間をループする行為をやめて話を先へ進めていた。
下手をしたらリセットする事になるかも知れないゲームを進める行為は、なかなか苦痛を伴うかと思ったのだけど、ゲームとして気に入っていたので話を進め始めると再び熱中していた。
ストーリーが進んだことで新しいマップへ行けるようになり、若干に手応えの増したモンスターへ対応しながら、新しい装備でも出ないかと期待していた時に、戦利品の一覧に登場したアイテムを見た瞬間に思考が停止した。

何気なく戦っていたモンスターからの戦利品は、半ば諦めていたクエストに必要なアイテムそのものであり、合成の素材が集まらないと嘆いていたら、まさかの現物支給なんて大逆転が起きたわけだ。
これでゲームをリセットして最初からプレイせずに済むと嬉しかった反面、3時間も掛けて探し続けた苦労は何だったのかと喪失感に悩まされたので、素直に喜びを噛みしめられたのは随分と後だった。
ここでバッテリー切れになったり、PSPを取り落としてデータが消失したら立ち直れないからと焦りながら、セーブし終えた瞬間は重たい責任から解放された気分で脱力していた。

さんざんに苦悩した挙げ句に無欲の勝利を迎えたわけだけど、今回の件は運が良かったと言うべきなのか否か悩ましい所だ。
諦めずに頑張っていれば良い事があるのかも知れないが、散々に苦悩して8割くらい諦めるまで行かないと報われないのでは、精神的に辛いのでもう少し手前で結果が出てほしい。

あれこれと 試した末に 良い成果2011年01月05日 20時37分18秒

年始早々から休みボケと言っていられないほどに仕事の方が忙しくて、慌ただしく生活している今日この頃、今日から昼食と夕食で世話になっている弁当屋さんも営業を開始となる。
冬休み中は殆ど餅しか食べていないような偏った食生活を送っていたので、栄養管理された真っ当な食事を取れるようになる事を嬉しく思っていた。

正午の少し前にG社長からFlashへの画面追加を頼まれたのだが、一世代前のプログラム言語で作られた品を使い回しているため、簡単なはずの仕掛けを仕込むのに苦労させられる羽目となる。
使い慣れていないというだけでも大変なのに、途中で開発環境のバグが原因と思われる不具合まで出てきてしまって、前時代の遺産を扱うことの難しさを体感させられる羽目となった。

正午を過ぎても弁当を取りへ行く暇がなく、頭を抱えながら仕事を続けていると、営業開始日を伝え忘れたのでないかと心配して、弁当屋さんから電話が掛かってきてしまった。
ひとまずの回避策が見つかっている事もあり、作業を中断して昼食タイムとしたけれど、面倒を伴う回避策だけにスッキリと解決させたいと別件の作業もしながら、隙を見つけて思いついた実験を繰り返していた。
そんな試行錯誤の中で全く期待せずにやってみた実験が成功してくれて、開発環境に関わらず正常動作をさせられる回避策を見つけられた。

一昨日のゲームと言い、今日の仕事の話と言い、今年は「諦めずに試行錯誤を繰り返した末にしか幸運が巡ってこない」と、そういう仕様となっているらしい。

風邪気味で 重い瞼と 軽い口2011年01月06日 20時38分47秒

初日の出は見るために早朝から出掛けてきた元旦から、ズルズルと引きずっていた体調不良が祟ったらしく、今日は寝起きから風邪の症状に悩まされる事になってしまった。
幸いにしてグロッキー状態へ陥るほど悪化しなかったけれど、時折に襲ってくる虚脱感に集中力を掻き乱されたり、異様な空腹感を覚えたりと辛い時間も多くて、今日は早めに帰宅している。

風邪気味で調子が今一つ良くない日に限って、客先からの急な呼び出しを受ける羽目となり、先方が会社の最寄り駅まで来てくれただけ良かったけれど、玄関を開けた瞬間は行き倒れになるでないかと思うほど寒かった。
日差しを浴びながら歩いている間に体が温まってきたので、待ち合わせの場所まで無事に辿り着けたけれど、打ち合わせの最中に何度か不調の波に襲われて、言葉を見失ってしまう場面なんかもあって辛かった。
打ち合わせが終わってから会社へ戻る途中で寄り道をして、店の中で体を温めたりしながら体調を気遣いながらの歩いていた。

定時を迎えた頃が空腹と眠気が同時に襲ってくる最も辛い時間となって、思考能力が欠落している影響で変な方向でテンションが上がってしまい、G社長やT社員の下世話な話に同調してしたりと酷い状態だった。
冷静さを取り戻した現状で思い返していると、溜め息が出てくるような発言もしていたし、不調な時に暴走気味となる事は珍しくないと言っても、さすがに生き恥を晒したと気落ちした状態となっている。

不景気な 寒さに震え 風邪も引く2011年01月07日 21時52分04秒

今日はこの冬一番の寒さだという気温に加えて、絶え間なく吹き続ける北風が風邪で寒気を感じている骨身に染みて、昨日に引き続いて野垂れ死ぬのではないかと心配しながら駅へ向かっていた。
昨日の帰り道との違いは早歩きをしていても体が温まることはなく、寒風を避けられる駅の構内へ入るまで身震いを繰り返していた事だろう。
現状は寒さの影響で再び勢いづいてしまった風邪の猛威に晒されて、頭痛と寒気で絶不調の中にいるのだが、それでも金曜の恒例となっている趣味の買い物を休む気にならず、目眩を感じながら店内を徘徊していた。

この調子では明日もグロッキー状態へ陥っていそうな気がするけど、風邪を引いてしまった原因が寝不足状態で初日の出を見に行った上に、その後も夜更かしを繰り返していた生活の乱れにあるので諦めるしかない。
日曜に小説を執筆できる程度まで復活してほしいと願うばかりだけど、ここ数日は布団の中でも寒さを感じる事も珍しくなくて、十分な睡眠を取れていないので不安が残ってしまう。

こうも寒いと憂鬱な気分となってくる今日この頃、ニュースを見れば新卒の内定率が過去最低なんて不景気な話題が多くて、聞いている方まで重たい気分になってきてしまう。
しかも、報道の殆どが採用しない企業へ非難の目を向けているから、こんな調子では気分の沈む暗い話題を聞き続ける羽目になりそうだと、溜め息が吐きたくなってくる。
俺が就職活動をしていた頃も就職氷河期と呼ばれていたので、就職で苦労する側の気持ちも分かるのだけど、社会人となって大学の同窓生と会社を創った立場から見ると、今の学生を就職で苦労するのは当たり前に見える。

今朝のニュースでは試用期間を延長された上に、最終的に解雇された学生を被害者扱いにしていたのだけど、使えない社員を飼えるほど会社に余力がなかったのであれば仕方がない。
それに給料を支払うに見合うだけの働きをしていれば、安い賃金であっても雇用してもらえるはずで、認められなかった自分を見つめ直すならまだしも、被害者面でインタビューを受けている姿に呆れてしまった。
研修期間を終えると同時に「自分には合わなかった」とか言い出して、勝手に辞めていく連中の方が試用期間に解雇される人数より多かったりする。
その辺の事情も知っているので、すぐに辞めていく方の人間だと判断された可能性も考え始めると、「自分は悪くない」と言わんばかりの被害者面は少しのことで不満を感じて、消えていくタイプに思えてきてしまう。

全ての人に問題があるわけではないだろうが、電車の中で乗り合わせた学生を見ていると、どうしても「仕事を一緒にしたくない」と思ってしまう。
ゲームの話をしている中でも「根性がないな」と感じてしまうのだから、少しでも仕事が過酷な状況に陥ったら逃げ出しそうで、一緒に苦労して行く仲間として迎えられそうな奴が全く見当たらない。
逆に言えば、辞めたり逃げたりしない根性を示せれば、礼儀や自己PRの出来が悪くても採用されるのではないだろうか。
根性を示すの必要最低限のことは仕事を理解する事であり、採用エントリー200社とか言っている連中は間違えなく論外だろう。

まぁ、戯れ言を並べているが熱で頭が暴走気味なだけなので、聞き流して暮れた方が良いかも知れない。
とりあえず、就活中の諸君は風邪など引かずに頑張ってほしい。

熱があり 重い体で 通院へ2011年01月08日 19時39分08秒

風邪を引き始めて今日で3日目となるのだが、昨夜で峠を越えたかに思われたのだけど、通院や買い物へ出掛けていると体力の消耗が異様に激しくて、帰宅してから夕食時まで布団の中で過ごしていた。

今朝は体調不良もあるので9時頃まで寝ているつもりだったが、8時ちょうどに自然と目が覚めてしまい、そのまま起床するか否かで悩んだのだけど、体が重たく感じられたので大事を取って早めに起床する事にした。
熱の影響で上手く回らない頭を強引に動かして決定を下して、「さて、起きようか」と寝返りをしてから体を起こすと、時刻が9時7分になっていたから驚いてしまった。
考えながら寝返りを打っただけの僅かな時間だったはずが、何時の間にやら1時間も時が過ぎていた事になり、浦島太郎にでもなった気分で呆然としながらも、自覚しているよりも症状が重たいのだと理解した。

体感と現実に大きな隔たりのある状態であると認識した上で、念のために手摺りへ手を掛けながら立ち上がってみると、やはり足下が覚束なくて何も警戒せずに歩いていたら、布団に躓いても不思議ではなかった。
それでも昨夜に比べたら良くなっていると感じていて、これ程に酷い状態で自転車を走らせてきた自分に呆れると同時に、無事に帰宅できた事が奇蹟のように思えてきた。

耳鼻科への通院やToda氏との昼食会といった予定をこなしてきたけど、今日からの連休へ備えて買い物をしている途中などに、考えるのが面倒臭くなるほど疲労を感じており、帰宅すると同時に布団へ潜り込んだ。
そのまま1時間毎にトイレで目を覚ましながら、延々と眠り続けたおかげで随分と楽になったが、夕食の時に父親の長話を聞いていられるほど回復していなくて、食事時が最も辛い時間となっていた。
辛い時間を演出してくれた父親は、昼から5時間も寝ていると言っているのに、「具合が悪いのだから早く寝ろ」とか言い出すから苛つかせる。
「早く寝ろ」や「薬を飲め」と言った台詞は吐かれまでもないわけで、そんな所に気を遣うくらいなら過去に何度も聞いたような長話をせず、ゆっくりと食事をさせてほしかった。

夢にまで 自分の呻き 響いてた2011年01月09日 19時53分41秒

木曜から始めっていた風邪と思われる体調不良は、金曜の夜に峠を越えたのだとばかり思っていたけど、飛んでもない誤解だった事を昨夜に嫌と言うほど味わう羽目となった。
もちろん不調の峠を越えているつもりで油断していた面もあるが、22時を過ぎた頃から背筋に寒気を感じ始めたかと思えば、歯がガチガチと音を耐えてるほどの体が強張ってくるとは想像もしなかった。
慌てて布団の中へ潜り込んでみたけど寒気は治まらず、文字通り布団の中で身を丸くしながら眠りへ落ちる時を待ったが、頭の中を引っ掻き回される不快感に睡魔が追い払われてしまう、眠れる気が全くしなかった。

布団の中へ入ってから暫くすると身震いは止まってくれたけれど、代わりに頭の中を掻き乱す手の数が増えてしまった感じで、意識を朦朧とさせながら夢と現実の狭間を彷徨っていた。
眠りと言うより気絶に近い状態で夢の世界へ足を突っ込んでいたようで、夢を見ていると自覚する中で、自分の呻き声を聞いたり、尿意を感じていたり、通常の睡眠では体験する事のない感覚を味わっていた。
インフルエンザを患った時や、食中毒で倒れた時も似たような体験をしているため、自分が思っていたより症状が重たい病気の可能性を考えながら、苦痛の時が過ぎ去ってくれる時を待つしかなかった。

朝日が昇る頃になって症状が落ち着いてきたらしく、支離滅裂だった夢の内容もストーリー性を帯びて完結したし、苦痛から派生する混乱が治まっていく様子が感じられた。
大事を取って昼まで寝ていようかとも思ったのだが、寝汗が気持ち悪かったし、長く寝ていた影響で体の節々が凝り固まって痛み出しており、寝ている事が苦痛という状態になっていた。
仕方がないので起床してみたけれど、体調は絵に描いたような病み上がりといった感じで、できそうだと思っても実際に始めると途中でダウンしてしまう状態だった。

おかげで朝食は焼きそばからうどんへ変更されたし、小説の執筆もPCを起動した所で力尽きてしまって、結局のところ手付かずのまま夕暮れ時を迎えてしまった。
明日は何とか復活して予定より1日遅れでの連載再開と行きたいが、昨日の如く夜になってから体調が急激に悪化する事がないように、願いながら怯えながら過ごしている。