週明けと 変わらぬノリで 迎えられ2010年08月10日 19時10分31秒

今日から仕事場への復帰といっても日曜の朝に入院したので、昨日の月曜にしか休んでいない影響からか職場は夏休みを終えて戻ってきた同僚を迎えるような軽いノリで迎え入れてくれた。
俺にしてみればロフトから転落する直前の記憶も飛んでしまっており、今朝まで何処か夢を視ているような曖昧さのため、休んでいた時間を正確に計れていないので社員の態度から普通の週明けのような気分になっていた。
そうは言っても事故の影響が完全に消えてくれるわけでもなく、胸部に負った打撲の影響で呼吸が苦しかったり、肘を突こうとすると激痛が走ったりと、絶え間なくダメージを負い続けながら作業をしていた。

それにしても会社の同僚達と来たら、俺が外見だけなら以上に丈夫なことを知っているからか知らないが、入院時の様子を聞いてきたり怪我を心配したりする気が全くないらしく、拍子抜けと言うより呆れてしまった。
もっとも床下2mを越えるロフトから額を割るような転落の仕方をしておいて、後遺症も残さずに1泊2日で退院したかと思えば、そのまま普通に出勤している奴の何を心配しろと言うのだと言われたら、空笑いしか出てこないだろう。
それにしたって縫い痕を隠すためのガーゼの存在さえも昼時まで気が付かないという状況は異常だと思ってしまうのは俺だけではないはずだ。

正直なところロフトから転落する直前の記憶が完全にないので、当時の状況が全く分からないが隣の家まで大きな落下音が聞こえたというから、場合によっては首を折って即死していた可能性だって否定できない。
その辺の細かい事情はメールで知らせられるほど余力がなかったから、入院する旨と2日で退院する今年か伝えていないため、軽い事故と思われても仕方ないだが、何か死ぬはずがないと鼻で笑われているようで面白くない。
もちろん割れ物を触るような扱いを受けたとしても、今度は気持ち悪いとか思っているのだろう。

とりあえず順調に出勤から退社までの時間を過ごすことができたのだけど、胸部の打撲が大きく影響しているらしく呼吸が浅くなりがちで良くない。
意識をして姿勢と呼吸を保ってやらないと酸欠気味になって視界が霞んできてしまう。
しかし、呼吸や姿勢を意識していると体力消費が激しいらしくて、やたらと空腹を覚えるまでの期間が短くなっており、打撲した箇所が動く痛みと空腹の両方に堪えながら長い一日の終わりを待っていた。
用意ができれば明日から弁当を持ってくるつもりなので、少し量を多めにして空腹へ備えておく必要も感じながら、早く帰宅して空腹を満たしたいと願う今日この頃だけど、残念ながら今日は足の遅いバス通勤だったりする。

さて、タイミング良くバスが来てくれているだろうか。