歯ブラシを 変えて効果が 早々と2010年06月13日 20時26分14秒

今年 4月29日に電動歯ブラシ「Sonicare HealthyWhite R710 HX6711/02」を購入してきて 1ヶ月が経過した。
最初の頃は少し頼りない気がしていたのだけど、使い始めて 3日もすると手磨きとは明らかな違いが見られるようになってきた。
具体的な例を挙げると、歯磨きをした後のツルツルとした感触が長持ちをしてくれて、今では殆ど一日中に心地の良い滑らかさを保っている。
俺としては寝起きに口の中がざらついていたり、粘っこい感触が広がっていたりする事がなくなった事が特に嬉しく感じる。

どうやら口の中に嫌な感触が広がってしまう原因の多くは、歯ブラシを届かせるだけでも一苦労だった親不知の周辺にあるらしく、磨きづらい場所の磨き方を確立してからは一日を気持ちよく過ごせるようになった。
しかし、親不知など磨きづらい場所が多くあるため、推奨とされる 1セット 2分間のブラッシング時間で全ての歯を綺麗にする事は難しいのが現状だ。
そのため普通に 2分間のブラッシングを 1周した後で、親不知や奥歯などの磨きづらい場所を集中的に磨くという 2セットを朝晩 2回に繰り返してる。

元々に電動歯ブラシを購入した経緯が磨きづらい場所が多すぎた事に加えて、無駄に力が入りすぎていたり、ブラッシングが長すぎたりといった原因から、歯のエナメル質が酷く摩耗していた事にある。
しかも、エナメル質が削れてしまった事で念入りに歯磨きをしているのに虫歯ができるという本末転倒な結果まで出てきて、藁にもすがるような思いで電動歯ブラシを購入していた。
正直なところ結果が出るまで 1年くらい掛かると思っていたのだけど、今日の時点で既に舌触りで分かるほど、摩耗したエナメル質が復活していたから驚いた。

それまで歯の表面を下で探ってみると、歯を半分に割るような筋が確認できたのだけど、明らかに溝が浅くなっていて下の方は埋まりつつある。
この調子でいけば、もう 3ヶ月もすれば元通りになってくれるかも知れないという期待が持てるほど劇的な変化で、高い買い物をした成果が早くも出ている事に嬉しさを隠せない。
後は虫歯が減ってくれたら万々歳なのだけど、今のところ 3月に食中毒で入院した時の影響の方が大きく出ているので、本当の結果が分かるのは 1年以上も先になるだろう。

それにしても歯も復元する事は知っていたけれど、ここまで顕著に結果が出るほどの成長速度だとは思っていなかった。
たった 1台の家電製品でこうも色々な事実に気付かされる事になろうとは、本来の目的以外でも面白い買い物をした思える。
これで単価が安くなってもっと普及してくれたら、無駄に数ばかり増えている歯医者を淘汰できて、少しは町並みがスッキリとするのではなかろうか。