「修正」と 言葉を聞くと 気が滅入る2010年06月10日 19時38分58秒

今日はブログの記事を書こうと思っても全く頭が回らないほど疲れているらしく、何も思い浮かばない状況に陥っている。
仕事の方は相変わらず細々とした修正依頼が舞い込んできて、本題の作業へ手を回せない状況が続いており、しっかりと話をまとめてから依頼してくれと怒りを感じ始めている。
G社長の方も色々と立て込んでいる関係で嫌気が刺したらしくて、電話口で他の案件を圧迫しているから細かい修正は遠慮してほしいと要請していた。

新たな修正依頼のために時間が取られてしまう問題もあるけれど、終わらせたはずの案件が延長された瞬間に達成感の裏返ってストレスへ変わってしまう状況が良くない。
今回の場合は何を言っているのか理解に苦しみながら仕上げた料金計算に対して、別の手数料が発生するパターンがあるから対応しろと言われた瞬間が本当に酷かった。
新たに追加される手数料の仕組みを聞いていると、何か詐欺を仕組んでいるような気分になってきて、この店へ注文する事は絶対にやめようとか思ってしまうほど、求められた仕様が常識から外れていて理解に苦しむばかりだ。
元々のシステムも 5千円以上を購入しないと、支払代金の 4割が送料と手数料が占めるという有様だったし、この発注システムで注文が来ることがあるのかさえ疑問に思えてくる。

そんな作っていて嫌になるシステムを先週末に仕上げて、解放されたと思っていたのに今週も毎日のように全く聞いていない仕様が追加されて、正直なところウンザリとした気分だ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「このブログはどんな空間でしょう?
 ひらがな4文字でお答え下さい。」

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://crimson-harberd.asablo.jp/blog/2010/06/10/5152727/tb