体力を 根こそぎ奪う 疲労感2010年06月07日 21時59分19秒

昨夜は疫病神である姉貴が帰ってこなかった事もあって、久しぶりに夢を見るほど深く眠ることができて、気分良く目覚める事ができた。
家を出てから昨日に安らかな休日を味わったしっぺ返しが始まって、会社へ着く頃にはすっかり疲れ果ててしまっていた。
仕事が始まってからも追い打ちを掛けるように急ぎの修正依頼が舞い込んできたりと、天国だった日曜から地獄の週明けへ叩き落とされた気分で散々な一日だった。

忙しかった作業に一区切りを付けて帰り支度を始めた所で、随分と前から頭を抱えて悩み続けているT社員が気になって、少し話を聞いてみるとシンプルな事を難しく考えている節が見え隠れしていた。
以前からそうなのだが、T社員は色々と難しく考えすぎた挙げ句に思考の迷宮へ迷い込んでしまう癖があり、今回もそのパターンに陥っているように思われて、少し助け船を出すことにした。
俺としては30分くらいで片が付くと思っていたのだけど、どうにも細々とした確認をすっ飛ばそうとするT社員の悪い癖に翻弄されて、遠回りを繰り返した末に底なし沼へ足を捕られてしまった。

俺自身も早く帰りたい想いと面倒臭いと感情から、提案こそしてもコーディングへ頭を突っ込むような真似をしなかった。
その結果で踏み込んでしまった底なし沼なので、自業自得と言われても仕方のない話だが、どうして上手く行っていない時のコードを流用しようとか考えるのかと今更に溜め息が出てきた。
結局のところT社員の背後霊となって、アドバイスや何かを繰り返した時間が 1時間半を越えた所で、「今日はもう頭が煮詰まっているから無駄だ」とT社員を説得して帰宅の途へ就いた。
気が付けば 3時間ほど残業した事になっていて、時計を見た瞬間の脱力感は魂が抜けてしまった気分だった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「このブログはどんな空間でしょう?
 ひらがな4文字でお答え下さい。」

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://crimson-harberd.asablo.jp/blog/2010/06/07/5145505/tb