足取りの 軽さの裏に 不安有り2010年06月01日 20時01分32秒

明日はT社員が忌引きで休んでしまうため、潰されてしまう作業時間をカバーしようと奮闘していたのだが、細々とした横槍があちこちから飛んできたりと混沌とした空間が広がっていた。
たった 3人しか居ない会社では 1人が抜ける影響が大きい事は当然としても、面倒な話が次から次へと舞い込んでくるタイミングの悪さは、軽く涙目になってしまうほど辛かった。
それでも16時で混沌とした状況から脱できたから良かったけれど、本来の作業へ戻れる頃までに体力を随分と消耗してしまっていた。

相対して出ていったT社員を見送った後、息抜きがてらにG社長の飼い犬であるユウ君をからかって遊んだのだが、玩具を取り上げた瞬間の悲しげな表情が何とも言えず面白くて良い気分転換となってくれた。
気分転換の効果が出たらしく残りの作業は比較的順調に進んでくれて、何とか残業を 1時間程度に抑えることができたので、会社を出るのが遅れている割に気分良く帰宅の途を歩めている。
今日の場合はG社長のお母さんから焼き餃子を10個ほど御馳走してもらったので、空腹というストレスを感じずに住んでいる事も足取りが軽い要因となっているのだろう。

今日に限って餃子を御馳走になった理由はG社長との会話の中で「餃子」と単純に呼んだ場合、焼き餃子と水餃子のどちらが出てくるのかという話題があった事にある。
どうやらG社長の親戚に属する中国人の面々は何も冠詞を付けずに餃子というと水餃子が出てくるらしく、日本では焼き餃子だから今日の夕食がどちらなのか気になったらしい。
その質問の意図が理解できなかったG社長のお母さんが混乱していたので、俺が補足として日本人が餃子というと焼き餃子が出てきて、水餃子はワンタンと同一視されているから普通には出てこないと説明したわけだ。

普段はあまり御馳走になるのを遠慮しているのだけど、今日は前の会話があったので断りづらかったので美味しく頂いてきた。
今日の食事のリズムが癖になって、明日の今頃に空腹で悶えていたりしないか不安を感じている。
更に御馳走してもらうという良いイベントがあった反動で、疫病神である姉貴と遭遇するなんてトラブルが起きるのではないかという恐怖を感じてしまう。