待ちわびた ランプが灯り 解約へ2010年01月20日 19時12分58秒

去年末に光回線を NTTからKDDIへと切り替える事になって、年越し前にインターネット環境は開通したのだけど、光電話の移行が終わらなくて二重契約状態での待機が続いている。
そろそろ移行を完了してもらわないと二重契約が 2ヶ月目に入ってしまうと落ち着かない気持ちで、毎日のようにルータのランプをチェックする日々を過ごしていた。

そんな不安を感じながら帰宅した昨夜、自室のドアを開けると真っ暗な部屋に浮かび上がったルータのランプから違和感が感じられた。
違和感の正体を点灯しているランプの数が増えているせいだと理解するのに要した時間は短くて、脳が画像解析を終えるよりも早かったのでないかと感じられるほどだった。
待ちわびていた瞬間が訪れたことに興奮しながら、光電話が開通しているかの確認を行って、そのまま NTTからレンタルしている危機一式をさっさと取り外していった。

今日は出社した直後に NTTへ電話を掛けて、解約の手続きを行ったのだけど、どうやらKDDIの方から手配が回っていたらしく、既に解約済みだとか言われて軽く混乱してしまった。
KDDIから光電話が開通したら NTTへ解約の電話を入れるように支持を受けていたし、何かの手違いで二重契約が続行されても困るからと詳細を調べてもらうと、最終的に支部の方まで話が降りていって軽く混乱状態だった。

結果的に俺が電話を掛ける必要がなかったという話で落ち着いたのだけど、その課程で今週の金曜に NTTの機器を取り外す工事が予定されている事実が判明した。
工事の話は全く聞いていなくて、寝耳に水だったのだけど大した工事ではないはずなので父親に立ち会いを頼んでしまう事にした。
もしも父親の都合が悪いようであれば、日程の変更を願い出れば良いだけの話なのだが、もしも何の連絡もないまま工事の予定日を迎えていたら無人の家で何をするつもりだったのかと疑問を感じてしまう。

最初に聞いていた話と比べれば、随分と手間が多くなってしまったけれど、これで殆どの移行が終わったので心配事が 1つ減ってくれて一安心だ。