久々に夢2008年11月19日 06時55分46秒

今日の目覚めはあまり良くなかったけれど、昨日のような全身が凝っているなんて事になっていなかったから何とか起きられた。
とは言っても、やたらと重たい瞼のおかげでふらつく場面もあってお世辞にも快調とは言えない感じだ。

そんな眠たい朝だけど、何やら夢の記憶が残っていたので簡単に書いてみる。
今回は田舎で廃業した小さな病院を買い取って、自分の病院を開業するところから夢がスタートした。
開業準備はゼロで「やっと着いたぞ。そんじゃ、開業」といった感じで始まって、鍵が開いている事を確認したら客引きに出掛けていた。

客引きといっても殆ど散歩をしてる状態で誰とも擦れ違わずに周辺をグルリと回っただけで終わっていた。
そんなわけで「なんという田舎だ」と呆れて戻ってくると、猛ダッシュで我らが病院へ駆け込んでいく人影が見えた。
あんなに元気な患者は居ないだろうと思いつつ、後を追ってみるとやはりトイレを借りに駆け込んだだけの人だった。

トイレを借りた人の話によると廃業する前の病院もトイレを借りにくる人が殆どで、ちょっとした社交場のようになっていたらしい。
つまり、患者が来ないで近所の奥様連中に占拠されて廃業したという事らしい。

う~~ん、これは見事に開業する土地を間違えた感じだ。
っと言って溜め息をついた所で終わり。

細々と更新2008年11月19日 18時07分55秒

今日は他にやることがあったので小さな更新のみです。
修正対象は昨日のプログラムなのでこれになります。
http://www.ne.jp/asahi/crimson/luwan/20081118/Swallow.html

得点情報について、最大値だけでなく最小値も表示するようにしました。
最小値0Hitを目指すなり、最大値を更新して遊ぶなりとりと参考にして下さい。

30秒の区切りについて
30秒ごとに全てのた弾丸を画面に出るまで次がスタートしないようにしました。

メニューの追加
右クリックで表示されるメニューに「リセット」を追加しました。

青空に 冷たさ感じる 冬の風2008年11月19日 21時05分24秒

昨日の帰りに感じていた体調の不安はその後に色々と気を付けていた甲斐があって風邪に発展することなく今日を迎えられた。
しかし、今日も朝から寒くて何度も身震いをする場面があったりと少しでも気を抜くとすぐに快調を崩してしまいそうだった。
こういう日はハンカチで口元を覆うことさえせずに咳をする連中が多いから電車に乗るのが凄く嫌になってくる。

今日は朝から快晴で、夕方になって雲が出てきたけれど青い空を探し出すのはそれ程に難しく事ではなかった。
残念なことは空の青さから連想されるイメージが陽気ではなくて、寒々しい氷の如き冷気だったことだ。
せっかくの快晴でも身に染みるような冷たさを帯びた風の中では心地よさなんて感じられるはずもない。

ずっと寒い日が続いているのなら体が寒さに慣れていれば、感じ方は変わったのだろう。
そう考えると季節の変わり目という時期は気温差で体調を崩したり、暑さや寒さに流されて感じ方が変わったりと損が多い気がする。
どうせならこのまま寒いままで落ち着いてしまって欲しいと思う今日この頃だ。

そういえば、中学校の頃に「季節の変わり目は変質者が増える」なんて登下校の際に注意するように言われた覚えがある。
何故にそんなことを思い出したのかというと、ここ数日に変質者という程ではないけれど常識が疑われる人を多く見かけていたりする。
特に多く見受けられるのは信号無視、それも見ている方がドキッとするようなかなり無謀なタイプだ。

目撃現場の大半は会社と駅の間に大きなスクランブル交差点で、特に驚かされた事例は信号が赤になるギリギリで渡り終えた俺の脇を抜けて横断歩道へ突入したハイヒールの女性だ。
時刻は日がすっかり落ちてしまった夕方18時、大通りなので街頭はあるけれど服の色次第では車から見えない可能性もありそうな時間帯だ。
女性が過ぎ去った直後に車道から車がエンジンを吹かす音によって、女性のハイヒールが出すコツコツという音がかき消された。

その後に衝突音がしてこないか不安が強すぎて振り返る事もできなかったほどで、本当に心臓に悪いと時間だった。
何よりも嫌なのは危ないからと女性を押し留める事が可能だったのに「このタイミングで飛び出すなんてしないだろう」と思ってスルーしていたことだ。
それこそ俺とすれ違った後も足を緩めていない事実を確認した時はまさかと思ったもんだ。
ああいう行為は見ている人の方に負担が大きいから是非とも止めて貰いたいものだ。