桜が咲かない2007年03月23日 12時47分58秒

家を出て2分も歩くと川沿いに3kmほど続く桜並木にぶつかる。
開花の時期が近づくと提灯が掛けられて、夜桜ハイキングコースになったりもする。
残念ながら川が汚い事と道幅の割に車通りが激しく危険なために「桜の名所」とは呼ばれてはいない。

それでも地域住民からは愛されているようで、舗装されていない対岸を歩く人の姿は珍しくない。
去年辺りからは歩行者が躓かない程度には整備されてきている。
今年辺りはもっと大勢の人が見に来るかもしれない。

今週の日曜にそんな桜並木をネタに「さくらまつり」なる催し物が開かれるらしい。
開催される事について何か文句を言うつもりはない。
しかし、開催日の選定を誤っている。

今朝の状態でつぼみも揃っていない状態だから見頃になるまで1週間ほど必要だろう。
今日の暖かさによって、どの程度まで開花が進むか分からないが、寂しい桜祭りとなる可能性は非常に高いだろう。

さてさて、どうなることやら。

タミフルと異常行動2007年03月23日 15時48分03秒

インフルエンザの特効薬と言えばタミフルである。
現在の日本ではインフルエンザと診断されればタミフルが処方されるのが当たり前になっている。

ここ最近になってタミフルを服用した患者がにビルから飛び降りるなどの異常行動で死亡する事件が話題になっている。
この話題が大きくなるにつれて、タミフルと異常行動の因果関係に否定的だった厚生労働省も立場を改め、因果関係を調査すると発表した事態になっている。

俺はニュースを見ていて、タミフルの服用方法を誤ったがために異常行動という副作用が出たのではないかと感じている。
最も分かりやすい例は「タミフルと風邪薬を飲ませて寝かせていたら、急に泣き出してベランダが飛び降りた」と泣きながら語る母親だ。

俺は何故にタミフルと一緒に風邪薬を飲ませたのかが全く理解できない。
インフルエンザに風邪薬と呼ばれる類の薬は効果を出さない。
そもそも必要であれば処方箋の中に熱冷ましが含まれていたはずだ。
それにも関わらず、医者の処方に加えて自己判断で薬を付け足して飲ませたということだ。
それも自分が飲むではなく、自己判断のできない幼い我が子にだ。

他にも調べたら色々と出てくるのではないだろうか?
例えば「1回1錠のところを2錠も飲ませた」とか「化学反応を起こしやすいジュースで飲ませた」といったパターンがありそうだ。

最近の患者は医者を信用していない風潮が見られる。
さらに、薬は飲めば飲むほどに効くと勘違いしている人も多く居る。

こういう流れが日本人に多く見られるのであれば、海外でタミフルによる異常行動の事例が少ない理由も説明できる。
科学的根拠や統計データも取らずに言っているだけだが、可能性は十分に在ると思うがどうだろう?

ニンテンドーDS Lite2007年03月23日 22時52分14秒

帰宅途中に予約していたゲームソフトを受け取りにビックカメラへ寄り道をしてきた。
すると一階のエスカレーター前に「ニンテンドーDS 本日緊急入荷」と貼り紙をしている店員がいた。
一瞬は勘違いしそうになったが片付けているのではなくて、販売準備を進めているところだった。

これはもしかしたら余裕で買えるのではないかと期待してしつつ、ゲーム売場のある3Fまで移動してみる。
いつも通り階段の所で購入希望者が列を作っていて、店員が「只今、整理券を作成しております。列に並んでお待ちください」と大声を出していた。

その店員にジェットブラックを入荷している事を確認して列に並んぶと先頭から数えて十番目、これなら間違えなく買えるだろう。

列が動き出すのを待ちながら振り返ってみると、かなり長い道のりでだった気がする。
同級生にDSの購入を進められ、タイミングが合えば買うと言い続けて1年余りだろうか。
黒でなければ購入するチャンスはあったが3度ほど買い逃した時点で「意地だ。黒しか買わない」と宣言していたため全て無視して今日まで来ていた。

中身が変わらないのは分かっているが、そんなことは関係ない。
こういうのはある種のプライドで意味なんて無い、というか無くてもいい。
ただ買うよりも満足感が少しでも上昇する、それが重要なのだ。

まぁ、そんな感じで衝動買いのようにDS Liteのジェットブラックを購入した。
財布の事情が間に合わなかったため、ソフトはまだないのが悲しいところだ。