躾って何だろ2006年10月24日 15時24分03秒

躾って漢字は「身を美しく」って書いて、その意味も「礼儀作法を覚えさせて身に付させること」だ。
「何が正しくて、何が間違っている」なんて二択を叩き込むことじゃなくて「何故」を伝えることにある。
月並みな言葉だが、暴力からは何も生まれはしないし、伝わりもしない。
そう、どんなに正しい事でも伝え方を間違えれば只の暴力なんだ。

躾という言葉を使っている世の親たちに、どんな顔を子供に見せているのかを聞いてみたい。
怒りや苛立ちや憎しみなんて表情が張り付いているのなら、きっと何も伝わってはいないだろう。
そもそも伝えるべき心があるのかすら疑わしい。

叱ることがいけないというつもりはないし、体罰が必要な場合もある。
しかし、間違えてはいけない。そこに心がなければ何も伝わらない。
子供を叱る上で最も大切なのは言葉でも行動でもなく、心だと俺は思っている。

よく意味がわからないのであれば、子供を躾る時に悲しみの顔を見せてみてほしい。
きっと叩いたり、大声で怒鳴ったりするよりもずっと効果があるはずだ。