オタク2006年10月05日 22時36分46秒

世間一般に見て、俺はオタクに分類される。オタクに「お前はオタクだ」って言われる分には納得できるが、どうも一般人に「オタク」って呼ばれると腹が立つ。特にオタクと変態の違いが分かってない連中に言われるのが嫌いだ。
俺は基本的に同級生のオタクと会話をしていて、気が付いたら染まったタイプだから明確な属性は持っていない。たぶん周囲から言われる「ロリコン」が俺の特化属性なのだろう。
元から子供好きだったから、絵の好みとかはどっちかというと幼い感じを好む傾向にあるのは認める。だけど「小さいから好き」って言ってるのとは訳が違う。あくまでも評価基準の一つであって、その中でもちょっぴりウェイトが高いだけなんだ。

一般人よ、よく聞きなさい。
小学生の列を見て「可愛いな」って思うのが何が悪い。そこでカメラを向けるとか、歩くペースを会わせて鑑賞し始めたら犯罪だ。でも、俺はその領域に入った連中を見たら、一般人と同じ反応で退きますよ。オタクは少し特殊ではあっても、変態じゃなんだからね。
オタクの中にはルールもモラルもある。何より愛を持っている。その愛の形が一般人には理解できないだけで、変態のように欲におぼれているのとは違う!
だから、俺を変態を見るような目で見るんじゃない!
と怒鳴ってる夢を見ました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「このブログはどんな空間でしょう?
 ひらがな4文字でお答え下さい。」

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://crimson-harberd.asablo.jp/blog/2006/10/05/549665/tb