はげ増しの薬屋さん2006年10月02日 22時17分16秒

土曜日の話だが常備薬の補充に薬屋さんが来たのよ。でもね、随分と久しぶりの登場だなっと感じたの。部屋の改装とか色々あって、時間が経つのが早かったのもあると思うよ。でも、なんか違和感にも似た印象があった訳よ。で、聞いてみれば「いつも通り100日平均で来てますよ」と言うじゃない。どうにも腑に落ちないな~って思っていたら、ある瞬間に薬屋さんの毛が激減しているのに気が付いちゃった。
気が付いた時はビックリするね。で、次の瞬間には恐怖を感じたりするの。特に俺みたいに、昔から額が広かった部類の人間はね。
ガキの頃に紙風船とかくれた兄さんが何時の間にやら丸く太って、そして禿げたわけか。なんか変なところで自分が長い時間を生きたのだと実感してしまったよ。俺が生きた分だけ毛が抜けちゃったんだろうな~、可愛そうに・・・

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「このブログはどんな空間でしょう?
 ひらがな4文字でお答え下さい。」

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://crimson-harberd.asablo.jp/blog/2006/10/02/545924/tb